2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 夫の育児 【号外④】我が家のシルバーウィーク | トップページ | 夫の育児-11 粉ミルクアレルギー(?) ~ネコの脱毛~ »

2009年9月23日 (水)

夫の育児-10 Hibワクチンについて ~我が子を守る~

b型インフルエンザ菌(Hib)による感染症は肺炎、敗血症、喉頭蓋炎などで重篤な場合は細菌性髄膜炎(Hib髄膜炎)などがあるそうです。

この髄膜炎が発症した場合、治療を受けても日本では年間約30人の乳幼児が死亡し、約150人に知能障害などの発育障害や聴力障害などの後遺症が残るそうです。(人数は正確でないかもしれません。)

患者のピークは生後9ヶ月で0~1歳が患者の70%を占めるそうです。これらの情報は先だってNHKなどでも放送されていました

感染症を未然に防ぐHibワクチンは世界100カ国以上で既に接種されており、日本ではワクチンの認可が遅れ、2008年に任意接種(有料)が可能になったそうです。

ワクチン接種に関して、詳細は各地方自治体の該当機関に相談すると良いと思います。接種可能な病院は自分で小児科などを探すと良いでしょう。

我が家の息子は既に2回ワクチン接種しており1歳を過ぎた今後、近々に3回目の接種を予定しています。

昨今、漸くHibワクチンに関するニュースがTVなどでも報道される様になってきたようですが、残念ながら日本での認知度はまだまだ低いのが実情の様です。

ワクチン接種は現状任意且つ有料ですが、我が子を守りたいと思う親の気持ち誰しも同じと思いますので、是非、真剣に検討する事をお勧め致します。

Hibに関する詳細は検索サイトなどでも調べられますので、是非、検索してみて下さい。

« 夫の育児 【号外④】我が家のシルバーウィーク | トップページ | 夫の育児-11 粉ミルクアレルギー(?) ~ネコの脱毛~ »

健康・病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546439/46234089

この記事へのトラックバック一覧です: 夫の育児-10 Hibワクチンについて ~我が子を守る~:

« 夫の育児 【号外④】我が家のシルバーウィーク | トップページ | 夫の育児-11 粉ミルクアレルギー(?) ~ネコの脱毛~ »