2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 夫の育児-30 だし、入れします ~不思議な遊び~ | トップページ | 夫の育児-32 30年後の息子へ ~金の成る木~ »

2009年10月16日 (金)

夫の育児-31 あけっこあ~ん ~歯磨きの躾~

ベネッセこどもチャレンジをはじめて早1ヶ月。最近息子はパパの真似をしたがって仕方ない様子。ここぞとばかりに歯磨きの習慣づけを会得してもらおうと、

notesあけっこあ~ん、あ、あ、あ~ん、シュカ、シュカ、シュカーでピッカピカッ!」と歌いながら歯磨きしている姿を息子に見せる。

すると息子、最初の日は風呂上りにじぃ~っとこっちを見てる |゚з゚)しかも鏡越しに目が合う。

2日目「(パ)よぅし、歯磨きしよ~っと。」「notesあけっこあ~ん、シュカ、シュカ・・・・」歌い始めるとなんとパパのもとへ走ってくる息子。自分用の歯ブラシを与えられ、ニコニコsmileshineしながら歯磨き(もどき)をやる。

それから、毎日、鏡越しにこちらを眺めていて キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ、パパが歯ブラシを取り出すと、すかさず駆け寄り、歯ブラシのおねだり・・・( ゚д゚)ホスィ…。(うまくいったかな?)

以前にも、このブログでご紹介しましたが、教材はあくまでもを身につけさせる為のツール。ツールを上手に利用して躾が出来るかどうかは、親次第だと思います。

因みに躾(しつけ)とは・・・読んで字の如く、自分自身を素晴らしく(美しく)見せるための心得の様なものと解釈して良いと思います。

挨拶しかり、は小さいうちから。三つ子の魂百までも、ではないですが、我が子が世に出てがなってないのは、まさしく親の責任。父の背を見て・・・。「」難しいですが、子供を躾けるには、親が範となるべきだと思います。

子供と共に成長する。心がけひとつ。

挨拶、御礼、相手を思いやる・・・・・そんな子になって欲しいなら、我が身を振り返る事も大事ですよネ。

余談になりますが・・・・・『知行合一(ちこうごういつ)』という言葉、ご存知ですか?知っている事と行う事(行動する事)を同じくするという意味です。

我々親は、挨拶する、礼儀正しく、人に迷惑を掛けない、弱いものを助ける、相手を思いやる(相手の気持ちになって考える)・・・・様々な『知(知ってる事)』があるわけです。でも『行(実践し行動する事)』合致させるのはなかなか難しいですよね・・・なぜでしょう?

深く深く自分を見つめ直し、本当に親にふさわしい人間か?毎日問いかけようと思います。知ってる事とやれる事、同じ筈ですもんネ・・・

« 夫の育児-30 だし、入れします ~不思議な遊び~ | トップページ | 夫の育児-32 30年後の息子へ ~金の成る木~ »

健康・病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546439/46356557

この記事へのトラックバック一覧です: 夫の育児-31 あけっこあ~ん ~歯磨きの躾~:

« 夫の育児-30 だし、入れします ~不思議な遊び~ | トップページ | 夫の育児-32 30年後の息子へ ~金の成る木~ »