2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« (59)レトロなジジの自転車 ~売約済み~ | トップページ | (61)長い箸の話 ~極楽と地獄~ »

2009年11月19日 (木)

(60)電車、自転車を見に・・・振り返り ~親として思うこと(役割)~

この週は、土曜日に息子を川原へ連れて、妻と3人で電車を見るためにパトロールスタイルで、日曜日はジジの自転車を見に、自転車屋さんへ行った。(それぞれの内容はバックナンバーを参照ください

少し横道へ”チャギントン”という番組をご存知ですか?これは主に3人(?)の見習いチャガー(擬人化された列車)達が、それぞれの個性や特徴を生かしつつ、街の先輩チャガー達と協力して、自分達の役割を果たして、成長してゆく物語です。(CGアニメ)

本題へ、息子に電車を見せました。色々な電車が色々なスピードで通過して行く、各駅、急行、特急など、それぞれの役割と個性(機能)を持った列車・・・

一方、ジジの自転車、車、時計、甥っ子の自転車、私自身の時計や車、それぞれ愛着を持ち、大切に使っているもの。これらを次の世代(ジジ→私→息子、甥っ子→息子など)に渡すという行為

これらの話を複合して私が思ったこと(振り返り)を記したいと思います。

先ず、物を大切に愛着を持って使う、これは大事な事。そして、その愛着を持って使っていた物が、次の世代へ受け継がれる。それは、単なる物の移動ではない

その渡された物には、前に所有していた人の思いや、様々な思い出、出来事・・・上手く表現できませんが・・・その人の歴史が次へ受け継がれるということ。そしてその人にとって、その物の役割は終わり、次の所有者へ役割を受け継ぐのです。それぞれの個性や思いの詰まった、新たな所有者の役割を果たす為に・・・。

その人にとって大切だった物、愛着を持って使っていた物ほど、その役割を受け継ぐ事の重要性が有ると私は思います。

そして、語り継がれる物語が、所有者を経て様々に加わり。

ですから、”お古”という表現は私はこの場合、適切には思えません。次の所有者は、先代、先々代・・・の所有者の思いと歴史を語り継ぎながら、大切に、大切に、次の世代へ渡してゆく。

そういう世の中に私はしたい。例えとして”モノ”を取り上げましたが、物ではない文化や伝統、思想、心、慎ましやかな振る舞い・・・・・そういった大切な有形、無形の財産。社会の風潮。良い事。

”昔は隣のオヤジによく叱られた”これって、大切な日本人のですよね。

良いものを受け継ぎ、また新たな良いものを生み出し、付け加え、次の世代へ受け継ぐ・・・役割

親には自分の子だけでなく、社会を変える役割があると思います。未来の親達の為に。

うまく、まとまりのない内容でした・・・でも、今、これが自分の中で、咀嚼出来てアウトプットできた部分。まだ奥深い内容・・・・・考え続けましょう、そして実践しましょう、全員で。

私も、反芻し、咀嚼し、考え、行動します。

« (59)レトロなジジの自転車 ~売約済み~ | トップページ | (61)長い箸の話 ~極楽と地獄~ »

人として親として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546439/46543693

この記事へのトラックバック一覧です: (60)電車、自転車を見に・・・振り返り ~親として思うこと(役割)~:

« (59)レトロなジジの自転車 ~売約済み~ | トップページ | (61)長い箸の話 ~極楽と地獄~ »