2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の34件の記事

2009年11月 1日 (日)

(号外)我が子の万歩計カウント結果発表

物凄い数値が出ました。

未だ1歳ちょっとの息子が如何に活発で健康であるかを実感!

私と同じくらい動いてるって事は、息子よもっと食べてくれよ!

そして、スクスク(ムクムク?)と育ってくれ!

実験、楽しかったぜ!

メタボの父ちゃんたちへ、息子はこんなに歩いていますぜ!!頑張れ父ちゃん!

Photo

2009年11月 2日 (月)

(号外)耳の痛い話 ~親として考える~

さぁ、これからが私のブログの本番です。

これまでは息子を取り巻く様々な状況を皆さんのブログと同じ様に綴って来ましたが、息子も2速歩行が3速くらいになってきたところで!

Cocolog_oekaki_2009_10_21_14_20

でも、避けて通っていれば、そこでこの社会は終わり、考え行動する事を皆さんにもっと深く掘り下げてもらいたい。そういった内容を記事にして行きます。

私自身も3速から4速、5速、300km/h くらいの思い切った辛辣な内容をなるべく投稿します。乞うご期待(11/5くらいから、親達への説法が始まりますよ。)

2009年11月 3日 (火)

夫の育児-44 息子、まさかのインフル!? ~発熱で病院へ~

9月下旬、ここのところ雨rain続き、急に寒くsnowなった。外へ出るにもこの雨typhoonmist。ウダウダする息子。日中はとても元気smileに過ごしていたようだ。ところが、夜中night・・・・

突然、泣き出し、以後、妻があやしても泣きやまない息子 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

「(マ)どこか悪いのかしら・・・?」

すかさず熱を測る。38.5℃。発熱していた。

額に熱さましのジェルシートを貼り、様子を見るも、まるで、焼け石に水shock・・・・・

泣きやむことなく、とうとう夜が明けた。妻は一昼夜、息子の面倒を看て、寝不足と疲労のため私が息子を病院hospitalへ連れて行くことに。(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

「(医)まぁ、風邪だと思うんですけどねぇ~。」

「(パ)インフルエンザの可能性はありませんか?」

「(医)あるとも、ないとも言えませんが・・・ご心配なら簡易キットで確認する事は出来ます。」

「(パ)是非、お願い致します。」m(_ _)m

「(医)でも、この結果が全てではありませんから・・・米国では・・・(中略)・・・ご理解ください。」

「(パ)わかりました、念の為で結構ですのでやって下さい。」

待つ事、数十分clock・・・

「(医)一応、A型でもB型でも陰性反応ですので、但し、今後の様子を看て、おかしなことがあれば、すぐにまた連れて来て下さい。」

「(パ)有難う御座いました。失礼致します。」

早速、薬をもらい帰宅。熱さまし用の坐薬細粒剤を処方された・・・・・坐薬か・・・厄介だな・・・と思いつつ、息子の様子を看視。余程、具合が良くない様で、眠れない息子、泣き続ける息子crying何も出来ない自分・・・(;´д`)トホホ…。

妻は昨夜からの疲労のため、少し寝ていたが、あまりの息子の泣き声についに無理を押して息子の面倒を看る事に・・・・・。

2009年11月 4日 (水)

夫の育児-45 まさかのインフル(2日目)

病院での診察結果と処方された薬について、手早く妻に説明し、再び妻が面倒を看る事に・・・。こういう時の父親は全く役に立たない。

一番倒れていい(問題ない)のはオレなのに・・・。先々週は妻がダウンし、今週は息子が・・・。せめて何か出来る事をと思い、夕食を作る事にした。妻はやらなくていいと言ったが、オレに出来る事は今はそれくらいしかないと思い、作業を開始した。

準備に取り掛かったが・・・・・息子の様子が安定せず、熱も38.7℃まで上昇、次第に悪くなっていく様子。坐薬bombだ。坐薬を決断。

私にとって初めての経験(妻もやった事が無い)、果たして、巧く行くのだろうか・・・?医師の指示通り、分量を調節し(坐薬を3/4にカット)、いざ、投入!

5秒ほど抑えたままにしていたら、中に巧く入った様子。・・・・・(A;´・ω・)アセアセ フゥー巧く行った。

再び、夕食の準備に戻り、夕食完成。今夜は3人で同じものを食べた。勿論、初めから息子が食べやすいように油や味付けなどはせず、材料を細かく、軟らかく調理。

(緊張の一瞬)

息子に食事を出すと、一生懸命食べてくれた。オレの手料理を息子が食べるのはこれが初めて。でも、やはり、いつもよりも食欲が無い様子。おかずは全部平らげてくれたが、ご飯と汁を少しずつ残した。今日は、無理させるのはやめよう。

「(パ)(マ)ごちそうさまでしたっ。」

息子もいつもの両手を合わせるポーズ。

昨夜、妻一人に面倒を看させてしまった事を反省し、今日は順番に仮眠を取る事に・・・。

一方、息子は、坐薬が効いたのか、様子が少し安定してきた・・・。さぁ、先々週に続き、またしても臨戦態勢。いつ、何が起きてもいい様に・・・。

3日間は熱を覚悟しておかないとな・・・。あっ、そうだ。明朝、パンが焼きあがるようにセットしておこう。兎に角、水分と食事。

3人で乗り越えよう。昨日はゴメンな・・・。

そう言えば、私の母(オババ)に産まれたばかり息子を病院で会わせた時、聴かされたっけな・・・。「お父さん(オジジ)もお前(私)が熱を出した時、一晩中看病したんだよ・・・」

意外だった。

そんなことこれっぽっちも見せず、オレを育ててくれたオヤジ、優しくも厳しいオヤジ。理想の父親。陰になり、日なたになり、オレを真っ直ぐに育ててくれた父親。高校卒業の頃からオレをオレのやりたいように黙って観てていてくれた・・・深夜(未明)にオレが帰るまで、待っていてくれた・・・・・・・・。(u_u。)

将来、オレの息子が他人様から誉められた時、初めて父親として一つ認められたんだ・・・と思える日が来ればいいなぁ・・・と思いながら・・・。

泣き続ける息子を看病する妻と共に・・・。

夫の育児-46 まさかのインフル!? ~息子ダウン~

昨夜(2日目)は坐薬の効果か?

妻が風呂に入っている間に息子が大泣き。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。色々と試したが妻と順番こに仮眠をしようと寝床を用意していた部屋に行くと、息子が落ち着いた

よぅし、このまま寝てみよう。そぉ~っと、寝かし添い寝。

妻が夜中、何度か看に来たらしいが、息子は朝までオレと添い寝してくれた(嬉しい。役に立ったんだ!(o^-^o))

今日は3日目、昨日の台風一過のお陰で晴天!

息子の熱も台風と一緒に飛んで行け!

(※台風で被害にあわれた方、申し訳ございません。)

早朝から太陽を撮影(夫の育児 【号外⑫】を参照ください)。さぁ、今日も3人で協力して頑張ろう。まだ、高熱、坐薬のタイミング間違えないように・・・。

晴天の空を見ていると、息子の病気が治るような気がして思わずポロリweep・・・泣いている場合ぢゃないぜ!オレ!

結局この日も息子の熱は下がらず・・・。

解熱のための坐薬を朝と夕方に2度投入したが、投入直後は熱が下がった様に見えるものの、時間経過と共にまた熱がぶり返す・・・。せめて寝てくれれば・・・。と思いながらも1日中活発に動き、泣き、一向に快方へ向かわず就寝。今日も順番こで面倒を看ようと仮眠室を用意したが、結局、朝方まで妻が一人で面倒を看てくれた様だ。4日目の早朝を迎えた・・・。息子は未だ寝ている。

2009年11月 5日 (木)

夫の育児-47 一本の電話 ~コミュニケーションについて考える~

先日の悪天候(10月上旬の台風の週)、丁度、週に一度の我が家に有機野菜を宅配してくれるパルシステムの来る日だった。

おかしいなぁ、いつもならもう来るはずなのに・・・。

待つ事数時間・・・一本の電話が入る。

「(マ)パルシステムからだった・・・。今日は遅れたけど、今から向かうので・・・だって。」

「(パ)そうか、この天気だからな、大変だろう・・・。」

待つ事数十分、パルシステムは来た。我が家の冷蔵庫一杯になるほどの有機野菜たちがやっと到着した

このやり取り、欲を言えば、もう少し早く連絡してくれればいいと思いますが、重要なのは1本の電話を入れるか、入れないか、たかが一本の電話と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、私はあの一本の電話があったことで、配達員さんの苦労、顧客を大切にするパルシステムの姿勢に胸をうたれ・・・。

何の連絡も無く、ただ遅れて配達されていたら、きっと私は配達員さんに文句を言い、パルシステムの信用を損なう事に繋がっただろうと思います。

電話はコミュニケーションツールの1つに過ぎません。でも、改めてコミュニケーションの大切さを体感(実感)しました。

普段何気なく行っている事、ひと声掛ける、ねぎらいの言葉、子どもを誉める、叱る、諭す、今はどんな状態だと連絡を入れる。周囲に伝える・・・。その後を観察する。

伝える”と”伝わる”の違い。

自分が伝えたいと思ったこと(伝えたこと)が、必ずしも相手に伝わったかどうかは、その場ではわかりません。でも、その後の相手の言動を見ていれば伝わったかどうかがわかります。

お子さん達にきちんと自分が親として伝えたい事、伝えなければならない事、伝わっていますか?その場限りではダメです。

必ず伝わった事を確認して下さい。そして、伝わっていなければ、手を変え、品を変え、一生懸命に伝えて下さい。

私は息子にそんな””を実行するつもりでいます。

パルシステムの一本の電話が無ければ・・・・・信頼とは積み重ねて行くものだと思いませんか・・・?

お子様は親の言うことを聴きますか?伝わっていますか?

そして、

本気で伝えようとしていますか?

お子様を連れた私と同年代くらいの親御さん達とそのお子様達のやり取りを見ていると、この子は一体どんな躾をされているのだろう?と首をかしげる事に度々出会います。それはどうしてでしょう?

初めはお互いに激しい流れ同士ぶつかり合って、波高く、そして、濁り合い、ゆっくりと混ざり合い、次第に穏やかな流れへと変化してゆく。それを避けていてはいつまでたっても穏やかな流れは出来ないと思います。家族しかり、となり組(昔風ですが)しかり、社会全体に穏やかな流れを生み出すのは、小さく、穏やかな流れが、大河へと流れ出し、初めて達成できるものではないでしょうか?

世の中を変えようなんて大きなことは言いません。でも、小さな心がけ一つが大きな変化を生み出すという事を私は訴えたいと思います。

と、言う事で伝えたい事は伝えましたので、あとはそれが皆さんに伝わったかどうか、世の中の流れを確認していこうと思います。

さて、パルシステムのご紹介です。信頼のおける、宅配業者。有機野菜低(無)添加低(無)着色など、食の安全にこだわった厳選された品を届けてくれます。

子育てに忙しい皆さん、是非、お役に立てればと思います。

夫の育児-48 鐘の音と共に ~今日という日の始まり~

私は毎朝6:00、近所の寺の鐘の音を聴く。

”ポーーーン”   ”ポーーーン”    ”ポーーーン”

10分間くらい続く朝の鐘の音

”ポーーーン”

目を閉じる(出来るだけ何も考えないようにする)

”ポーーーン”また一つ。何度鳴らしているか、数えた事は無い。

ただ、都会の中で聴く、早朝の鐘の音

実に清々しい(←福山風)

鐘の音が終わるとリセット。

さぁ、今日のいう日の始まりだ・・・。

自分を起動する。頭の中のCPU、HDD、DIMMそれぞれが動き出す・・・。今日という日を大切にしよう。

勿論、日中~深夜までそんなことを考えている余裕は無い。

ただ、毎朝6:00、私が望む、望まないに関わらず鐘の音は鳴る・・・。

”ポーーーン”      ”ポーーーン”     ”ポーーーン”

実に清々しい。身心一如(心は体(行動)に現れる)。

そんな思いを胸に抱き・・・。また、新しい今日という日が始まる。

2009年11月 6日 (金)

【号外】散歩の収穫

私は難しい事を言っているつもりはありません。

皆さんで考えましょう。

行動しましょう。

私は、これからも、散歩(僅か15分程度でこれだけ見つけました。目に付いたものだけ・・・)しながら続けます。

F1000122 F1000123_2

2009年11月 7日 (土)

夫の育児-49 帰ってきた暴れん坊 ~台風一過~

息子が38.4℃の発熱した夜から4日目の朝を迎えた。

「(パ)具合はどうだ「(マ)・・・たぶん」

よし、測定してみよう。 へ(´∀`ヘ)へ))カサカサ

36.4℃、36.1℃、36.0℃

「(パ)3回測ったけど下がったみたいだぞっ!(嬉)」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「(マ)昨日も良く寝てたみたいだし・・・」キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

「(パ)そうか、昨日は3人で寝たしな、オレも気づかなかった。」

「(パ)また少し経ったら、熱、測ってみよう「(マ)うん」

そんなやり取りから始まった4日目の朝。

やはり医師の言う通り3日間は高熱が続いた(一時は39.2℃まで・・・)。どうなる事かと心配したが・・・坐薬が効いたようだ、自然の治癒力も備わってきたようだ・・・。兎に角、安堵・・・。

「(パ)もう1日静かにしてようなっ!・・・。」

昨夜、オレと息子と妻で就寝前に約束した。

「(パ)明日は熱が下がって、一緒にお風呂入ろうなっ、じゃぁ、約束の握手だっ!こう。」っと手を差し伸べると、

息子は歩み寄り手を出す。3人で固く結んだ握手の約束・・・。今日は未だ、風呂はやめておこうネ。でも、約束守ってくれてありがとう。

熱が下がって、一安心したが、今後も様子を注意深く観よう。大丈夫、明後日には風呂だ。風呂で遊ぼう!おもちゃchickも許そう!約束守れた。ご褒美だ。smile

未だ未だ、この先、色んなことが起こるだろう・・・息子の成長に連れ、パパもママも初めての事ばかりで、上手に出来ないかもしれないけれど・・・。

こうして、我が家の台風は、台風18号の上陸2日後に去っていった。少しの後遺症を残したまま・・・。

お帰りっ!暴れん坊!⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

フライパン10分パスタ ~ミートソース(基礎編)~

今回は、先ず、フライパンで10分パスタシリーズの最初のレシピなので、料理が得意でない、或いは、食事作りが面倒だ!という皆さんに、一番簡単な基礎の基礎基本編からやってみましょう。

今回学ぶ事は、フライパンだけで全て行う、パスタの味と水の分量の調整の2つです。この基礎が出来れば、これから始まる全てのフライパンパスタシリーズはあっという間にマスターでき、応用範囲を広げる事が可能になります。是非、頑張らずに調理して下さい。

レッツクッキン!クッキンタスティック!(チャギントンのパクリです。)

調理器具

  • フライパン
  • まな板
  • 包丁

材料

  • ミートソースの素(市販)
  • レンコン スライス2㍉くらい
  • タマネギ ざく切り(少し小さめ)
  • 小松菜 ざく切り(根元は小さめに)
  • パスタ (7分茹で・・・うちでは)

調理法

  1. フライパンに油をひき、レンコン、タマネギ、小松菜を軽く炒める(2分程度)
  2. ミートソースの素(市販)を入れかき混ぜる ※重要)完了時にはこの味になる!
  3. 水(約700cc)を入れ強火で沸騰させる
  4. 沸騰したらパスタを投入 ※重要)初めだけパスタをくっつかない様に混ぜる                                                 ~この間に洗い物を済ませておく~
  5. 7分で2の状態になるように適宜、水(または湯)を加えながら様子を観る(強火のまま)
  6. 7分後完成。皿に盛り付ける

Img_0123 Img_0124

.

.

左の写真が3の水を入れた状態。 右の写真が出来上がり。

2009年11月 8日 (日)

【号外】昨日の散歩の収穫

私独りでは、片付けきれません。

考えて、そして、行動して下さい。

私は独りでもやります。

1人の力が集まれば、きっと大きな流れが出来る事を信じて!

さすがに、大物は持って帰れませんでした(*_ _)人ゴメンナサイ 

F1000126 F1000127 F1000128 F1000129

2009年11月 9日 (月)

夫の育児-50 暴れん坊の後遺症 ~高熱の後~

熱も下がり、風呂に一緒に入った。約束通り、好きなように、好きなだけ、わがまま言わせて・・・。o(*^▽^*)o

あれっ?

なんだ?

気づかなかったな・・・・・。

そう、後遺症が出ていました。発疹です。

体全体、顔、首、良く観れば至るところに、徐々に発疹の範囲も広がっている様子。

でも、慌てない!医師に聴いていた、きちんと。

今回の発熱は、突発性発疹だったかもしれない。(因果関係が明確ではないが、恐らく状況判断からして、まず、間違いない。)

だったかもしれない・・・という表現は、この症状自体が判別しづらい病気だからだ。しかし、医師の言うところに依れば、大人はみんな持っているウィルスで、大人から子どもへ、つまり、家族内での水平感染が主だという事。

これは、ヒトヘルペスウィルスの感染と考えられ、だ液などから感染する事が多い。(キスや食べ物を与える際など)

発熱は3~4日で、その後、発疹が出る場合がある。発疹は3~4日で治癒し、色素沈着を残さない。息子も解熱後、発疹発症なので、今回はほぼ断定して良いと思う。)

但し、殆んど全てと言える程、どの子でもこれは感染し、抗体を得る事になる。症状が出る場合、出ない場合がある。従って先に述べた様に・・・だったかもしれない。という表現になってしまう。

もし、お子様が発熱された場合、このようなケースも考えられる事を頭に入れておくと良いと思います。因みに、ワクチンが無いため、予防は出来ません。

(※合併症が発生し、重篤に至る場合もあるため、油断は禁物です。)

2009年11月10日 (火)

夫(51) 初めてのお祭り ~おみこしワッショイ!~

10月の中旬、我々の住む町内でお祭りが行われた。

どーーん、どーーん、太鼓の音。

息子もここ数日の高熱と、外へ出られないフラストレーションが溜まっていた様だったので、久しぶりに外へ出してやった。

祭りが逃げちゃう~っ!

息子を抱きながら、耳を傾けて、音の鳴る方へ、猛Dシュ(ダッシュ)。

お神輿、山車、近所の知り合い(町会の理事を務めていた頃の、私の父親と同年代の大先輩方)達と久々に再会する人もいたり、挨拶を交わし、息子を特等席へ。お囃子の一番前の一番いいところ、息子は太鼓や大人の人たちの集まりに、ただ何が起きているのかわからない様子。( ゚д゚)ポカーン

息子の体調を考え、10分程、祭りの雰囲気を味あわせ、早々に帰路へ。

行きは抱っこして、猛Dシュしたが、帰りは手をつないで歩きながら帰ることにしてみた。

久々の外の空気太陽少し肌寒い風を感じながら(なるべく日なたを選んで)、息子のペースで歩いた。

やはり、歩くfootfootというfootことがfoot楽しい様子happy01。途中、途中で、立ち止まり、カベの穴や家の屋根の方をeye見たり、指さしたり、ニコニコ・・・・・家まであと10㍍。

近所のオジサン(一見怖そうな、体の大きい、でも、きちんと挨拶できる私の父親世代の人です)にご挨拶。

「(パ)こんにちは」  「(息)・・・・・  ・・・・ (つд⊂)エーン」 泣き出した。

オジサンは「かわいいねぇ~」と言ってくれたが、立ち止まっていても仕方ないので、挨拶し、抱っこして3㍍程、前進。・・・・・・泣き止んだ。

どうやら、オジサンが怖かったのかな(いい人だよ、安心しな フフッ)

その後は家まで順調に歩いて辿り着き、無事、ママの元へ。

「(マ)おかえり~い~。たのしかったぁ~?」

楽しかった様で(多分、散歩が)、暫らくご機嫌 o(*^▽^*)o

その後一時間ほど睡眠sleepy

もう大丈夫。(元気にもなってきた)

自己主張が激しくなってきた息子、ママに甘えん坊の息子、怖がりな息子。

宝物。(息子の宝物、我々親の宝物)

今日も一つ、(3人で)みぃつけたっ!

夫(52) 息子を祭りへ ~親として感じた事~

祭りとは、そもそも、地元の(おもに)農家の方々が、その年の豊作、不作、先祖代々からの感謝や願いなど、様々な思いを込めて、氏神様を祭る(奉る)儀式と私は理解している。

近年、(特に)都会に於いては、先祖代々の農家(いわゆる、地主)が、相続等の理由により、土地を手放す傾向にあると考えられる。従って、その町、街、地域によって(地主の立場から言えば)新参者が大多数で構成されるようになった。

新築戸建、高層マンション、大規模マンション、世代の変化、文化、思想の変化がまさに祭りにも現れていたと体感した(私は地主の子息でもなんでもない新参者だが)

何故?(自分なりに考えてみる・・・。)

それは、参加していた子ども達があまりにも少ない。しかも、せいぜいどう見ても、幼稚園児くらいの子たちが数十名参加している程度。

3連休真っ只中祭りだから仕方ない。今はそれぞれの家庭で、それぞれの楽しみ方がある。

祭りの神輿が小学校の横を通り過ぎる。グラウンドでは少年野球(毎週)が行われている。少年、すなわち小学校の低学年から高学年の子達が30名ほど・・・近くの幼稚園のグラウンドではサッカークラブの練習・・・これまた数十名

たかが祭り

本当か?

この地に縁あって住まわせてもらっている、自分も町の一員であるという意識が、親や指導的立場の大人達に全く無いのでは?と感じざるを得なかった。非常に残念。

逆に言えば、祭りに参加する事、町や地域に何らかの形で参加、貢献する事によって、地域との繋がり、町の一員として認めてもらう・・・ひいては自分達家族、もっと言えば、我が子が安全で安心な暮らしが出来るようなパイプを作る、絶好のチャンスなのではなかろうか?

同じ幼稚園、小学校、野球チーム、サッカーチームに属するだけで、地域の一員になれたと本当に言えるのか?

世代、家族構成、家庭内の状況、経済状況、様々な人達が集まり町が構成されている、そしてそれらの構成された全ての人達が、自分の町を愛し、大切に思い、周囲に目を向け、助け合いながら生きる(昔のとなり組システムのような発想ではあるが)。そういった、日本人のいいところを忘れていないだろうか・・・?

魂、大和魂、心、おもてなし、謙虚さ・・・表現は何でもいい。

私は私と同年代の親御さん達に、良く考えて欲しいと思う。子ども達(勿論、我が子が最優先)にとって、何が大切なのか?を。

そして、自らが率先して行動すべきであると思う。率先垂範!!

我が子を大切だと思うなら、もう一度、身近な問題を今よりも少し(もう少し、出来れば深く)考えて頂きたい。

一人では出来ない事、力を合わせれば出来る。

向こう三軒、両隣。それでもダメなら町内、それでもダメなら市内、区内、幾らだって力を貸せる人はいる筈。

親である前に人であって欲しい。皆さんの心は本当に健康ですか?清らかな我が子のように・・・。

2009年11月12日 (木)

夫(53)自然の中に生きる ~田舎暮らし計画~

我々が夫婦になる以前のはなし。オーストラリアでの出来事。湖のほとりの公園で、将来は田舎でゆっくり暮らしたい。出来れば早く。海外に移住しよう・・・。そんな会話をしていた。

時が経つ事、約15年、息子を授かり、育児に明け暮れる日々、そんな中、サラリーマンである私は、仕事、育児、家事・炊事サポートなど、目まぐるしく、忙しい日々を送っていた・・・。

あるとき、ふっと、妻に言ってみた・・・・・・・。

「(パ)オレ、田舎に住みてぇ。」 返す刀で・・・

「(マ)いいよ、会社辞めても。」

「(パ)(予想はしていたが)そんな簡単じゃないぜ。」

「(マ)だって・・・・・もう見てられないよ・・・辛そうで・・・」「前から言ってたじゃん・・スローライフ、夢だったじゃん。」

覚えてたんだ・・・。何気なく交わしたあの会話、今でも。

我々夫婦は生粋の都会っ子、息子の為にも田舎で暮らす事ができたら・・・・

こういうときの男の頭は(私だけかもしれませんが)、全て理詰めで考えてしまう。メリット、デメリット、経済的な問題、学業や公共施設(病院など)の問題、人付き合い・・・

田舎に行ったら、農業!!そう決めていた。

はじめは自給自足で・・・いや、年金や保険、生活費、勿論、他にもお金は掛かる。そうか、やはり”生業(なりわい)”としてでないと成り立たないんだなぁ~・・・・・・・。

それからと言うもの、本を買いあさり、調べては買い、読んでは調べ、とある田舎まで足を運んだり・・・・

やはり農を業として生活するには様々な壁があることが明白になった。第一、農を業とした時点でスローな日々なんて送れない・・・。

農業の専門機関にも足を運び、日本の農業のあり方について持論を展開し、詰め寄ったりもした。現在”脱サラ帰農”なるブームが日本を席巻しているが、私は今一度、考える猶予を自分に設定した。

機は熟していないと判断したからだ・・・。

この問題について、妻ともぶつかり合い、小競り合い、鍔迫り合い、共に足を運び、観て、考えて、出した、今時点での結論。

だが、計画は進行している・・・・・・・・。

”雨だれ石を穿つ”

一滴、また一滴・・・・・雨だれ。

本を買う時はブックオフで仕入れています。値段も安いし、売り買いできる、本当にいいですよ。私は今まで5年間で、500冊程度の本を読みましたが、全てブックオフで仕入れたものです。(田舎暮らしについて、農業についても、全部で15冊程度買いましたが、全てブックオフです。便利。ご利用ください。 ↓

ブックオフオンラインブックオフオンラインブックオフオンラインブックオフオンラインブックオフオンライン

夫(54)パトロール ~公園で花火~

私は、出来る限り、外出する時は”パトロール”と書かれた帽子、ベストを着用して用事を済ませます。

コンビニ、駅まで、散歩、土日祝、車でも、バイクでも歩きでも・・・。

Img_01012

。。

.

.

.

.

...

.。

買い物だってへっちゃら。慣れれば恥ずかしくないものです。

特定の組織に属している訳では有りません。

ただ、この町に住まわせてもらっているという意識、そして、自分は決して怪しい人間ではないという自分へのブレーキ(おかしな行動はしない、模範となる態度で人と接する)の役目だと思っています。

先日の日曜日、妻と息子と3人で妻の実家へ遊びに行く事に・・・。実家は近いので、ベビーカー(マクラーレンライダー)を押して・・・。

勿論、帽子は着用(ベストは暑かったので着ていませんでした。)

帰り道、息子が未だ遊び足り無そうだったので、公園へ寄り道・・・。

煙がモクモク・・・野球ごっこをしている3人の小学生・・・。煙の周囲には高校生くらいの(一見)風紀の乱れた男が2人、女が1人。(いわゆる昔のヤンキーです。)

なんと、花火をしているではないですか・・・。当然、”公園内花火禁止”の立て看板も有るし、小さな子(小学生)が野球ごっこで遊んでいるし・・・。

私は暫らく、彼らと目線を合わせ、じっと我慢。

すると

「(女)なぁにぃ~annoy

「(男1)子どもと遊びてんぢゃねupwardrightannoy?」

すかさず、「(パ)そういう問題じゃないだろうbomb。そこになんて書いてあるか読んでみろsign03」(花火禁止を指さし)

3人は花火を消し、逃げる様に片づけをはじめた。

「(パ)子供が遊んでるのが見えないか?annoy

「(男1)川原でも行く~ぅ?annoyupwardright

「(男2)かったりくねupwardrightannoyannoy

「(女)・・・・annoyannoyannoyannoyannoy

「(パ)ゴミも全部拾ってけ!、途中で捨てんなよ!、わかったか?」

「(男2)は~い。わかりましたぁ~downannoy

3人は自転車に乗り(女は2ケツ)、去っていきました・・・。

正直言って怖かった・・・妻や息子に危害を与えられる可能性もあるし、第一、相手は3人。体格もいい。3対1.やろうと思えばpunchimpactpunchこっちが負けるに決まってる。

でも、彼らは去っていった・・・。(別の場所で同じ事をするだけかもしれませんが・・・。)

やはり、親だっ!そして、周囲の大人達!

住宅街の真ん中の公園なのに!

私は運よく、怪我もせず、公園で息子を遊ばせることができたが。

何故だ?何故だ?・・・・・・・・何故だ?

あの日、あの道を、あの時間に通り掛からなければ・・どうなったんだろう?・・・・・今、この瞬間に、どれだけ同じ様な事が起こってるんだろう・・・

Cocolog_oekaki_2009_10_16_06_16

2009年11月13日 (金)

(55)みいつけた! ~カックイイゼ~

ご存知NHK子供向け番組”みいつけた”のエンディングテーマ曲。作詞・作曲・歌:トータス松本さんの曲です。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 一部引用開始 ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*:*

まん丸い? ほそ長い? どれくらい? でこぼこざらざら

においはどぅ? つついてみ? 面白い? 朝から晩まで

さぁ探そう 登ったり掘ったり

すべって転んでも どこまでも

愛の たまご たまご あたためよう

きみの たまご 何が出る?

(中略)

割れたり 枯れたり 色々あるけど

(オー) 気にしない 気にしない

すぐまた見つかる 必ず見つかる いくらでも

愛の たまご たまご あたためよう

きみの たまご 何が出る?

(中略)

さぁ 探そう・・・・・・・(ウオゥオゥィェ~)

:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 一部引用終了 ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆

どうです?カックイイお父さんですね!

オレも才能が有ればなぁ~。なんて思わず妄想・・・。

そして風呂へ入り、現実に引き戻される・・・。

♪すぐまた見つかる 必ず見つかる いくらでもぉおおーーーーー(ff)

カックイイ、何回聴いてもいいぜ。

パパのお気に入り、みいつけたっ

※因みに初めてこの曲を聞いた時「愛のたまご」の部分が「 I Know たまご」・・・と、掛けてるのかな?って思っていました。

今でも「 I don't Know たまご」(それとも I forget かな?)

そんなパパだけどさ、僕らのひよこを今日も育てます。

2009年11月14日 (土)

フライパンで10分パスタ ~ホワイトソース基礎(サトイモパスタ)~

今回は、フライパンで10分パスタシリーズホワイトソースレシピです。

今回学ぶ事は、フライパンだけで全て行う、ホワイトソースがダマにならないようにする調整の2つです。是非、頑張らずに調理して下さい。

レッツクッキン!クッキンタスティック

調理器具

  • いつもと同じなので省略

材料

  • ハクサイ (そぎ切り)
  • ハム 短冊切り
  • 茹でたサトイモ すりおろし

調味料

  • 塩 小1
  • コショウ 少々
  • 小麦粉 大2
  • (あれば、豆乳、または牛乳 300cc)

調理法

  1. フライパンに油をひき、ハクサイ、ハムを軽く炒める(1分程度)
  2. 小麦粉大2を材料に混ぜる ※重要)小麦粉を混ぜる時は一旦火を止め、材料に良く絡ませることがコツ。ダマにならないように。
  3. 豆乳、または牛乳をいれ火をつけて混ぜ合わせる(無い場合は水で良し)
  4. サトイモのすりおろしを入れる(今回はこれがめんどくさい工程ですね)
  5. 塩、コショウで味を調える ※重要)完了時にはこの味になる!
  6. 水(約500cc)を入れ強火で沸騰させる
  7. 沸騰したらパスタを投入 ※重要)初めだけパスタをくっつかない様に混ぜる                                        ~この間に洗い物を済ませておく~
  8. 7分で5の状態になるように適宜、水(または湯)を加えながら様子を観る(強火のまま)
  9. 7分後完成。皿に盛り付ける

Img_0125 Img_0127

Img_0128

Img_0131_2 Img_0133_2

2009年11月15日 (日)

【号外】育児疲れを癒す夫のできること ~たまには~

育児疲れ。慢性化していますよね。ママさん達。

うちの妻も慢性化しています。そこで、元気を出してもらうため、おやつを手作りしてみました。おやつと言っても、たいしたものではなく、私はめんどくさいのが嫌なので、野菜を使った何か・・・・・

おぅ、ニンジンクッキーに決定!

パパ頑張って!ママ喜びます。お子様のおやつにもなります。健康にいいです(有機野菜のニンジンだからね。)

有機野菜はパルシステムから調達したもの。砂糖少な目でもとっても甘い(ニンジン本来の甘さ)なので、レシピをアレンジしました。レシピは他人様のアレンジなのでここには載せません。(どうしてもと言う方だけメールで連絡ください。他人様の著作権ですからね。)

Img_0105 Img_0106 Img_0107 Img_0108 Img_0113

2009年11月16日 (月)

(56)歌のお兄さん ~パワー、パワー、アップ、アップ~

最近、息子向けの番組を録画して、晩御飯から風呂までの間とか、ちょっとした間を場つなぎ的に見せています。でも、長時間は見せません。(○`ε´○)

息子が産まれる前までは、政治や討論番組ばかり見ていたオレ。ニュースも最近は見なくなった。そもそも、TVtv自体を見なくなった。

で、息子のニコニコスマイルsmileについつい・・・・・歌って踊ってしまうんです。(いい歳したおっさんが w(゚o゚)w)

風呂場でも、息子はシャンプーを嫌がります、でも、歌いながらシャンプー、体を洗う時、湯船につかる時・・・・・ずぅ~っと歌ってます。

息子の体が温まり始めたのを見計らい、

♪世界はとっても広いから~ (おかあさんといっしょのエンディングテーマ) ←かなりのだみ声で

と歌いだす。大声で。妻はこの歌が聞こえると(そろそろ出るな)と解るらしいです。

♪~夢がいーっぱーい。両手を広げて~、世界が~待って~いるぅ~~。 ←だみ声でね

で、出る。

ある時、妻が「(マ)そんだけ出来れば、”歌のお兄さん”になれるよっ。」だって。

そうさ、”歌のお兄さん”いいぢゃないか。息子の耳ざわりのいい歌を歌って踊れる、お兄さんになるわぃ!

今度姪っ子たちの前で披露してやろう。。。オレが本当に”歌のお兄さん”かどうか・・・・ダメだしされるぜ、きっと。

だって、歌詞なんか、自分でアレンジしちゃうし・・・(汗)

それでいいのさ、所詮オレは”ほぼ歌のオジサン”だから(笑)

2009年11月17日 (火)

(57)スパイス ~散歩のシゲキ~

今日、改めて思う。

妻の息子に対する接し方が、明らかに変化した。先ず、外へ出るようになった。そして、あれほど嫌がっていたパトロール用の帽子まで被って散歩に出掛ける。

パパは同行する時もあれば、しない時もある。

「(パ)今日は少し休ませてくれないか?」

「(マ)散歩に行こうと思って・・・電車を見せてあげたいんだぁ~。」

妻とは20年の付き合い、阿吽の呼吸で思っていることが解る(・・・時がある)

「(パ)じゃぁ、オレも行くよっ!見せてやろう・・・・・電車!!」

外へ出ると、とても心地よい風と陽射し(あぁ、出てよかったなぁ)

川原へ向かい、橋を渡る電車を見せてやろうと思った。息子も散歩が楽しいらしく、歩く、歩く、指さし、キョロキョロ・・・・・何にでも興味を示す⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン。(今日の万歩計は凄いなっ・・・・・でも、帰ったらどうせ寝ちゃうから、いつもとおんなじか・・・)などと思いながら、芝生の上で遊んでいた。

先ず見かけたのは、ゴルフの練習(実際に球を打って)してる、オヤジ。

「(パ)ああいう大人がいるから、ダメなんだ・・・」

暫らく遊んでいた息子が、土を食べた(う゛お゛~っ!!っとなっていたのが、今まで)

でも、パパもママも至って冷静。

「(マ)美味しい?不味いでしょ?・・・」

(そうそう、それでいいんだよ。土なんか食ったって死にやしねぇから大丈夫。)

「(人)こんにちはっ!」大きな声で歩み寄ってくる人。

「(パ)あぁ、こんにちは。今日は別の組織の仕事ですね?」

実はこの方、町内会の理事さんの1人でした。

「(理)いやぁ、帽子被って、ベスト着た人がいるから、何か集まりが有ったっけな?っておもって・・・」

「(パ)散歩ですよ、ただの。」

(※因みに私は何の組織にも属していませんが・・・)

10分程、四方山話をして、理事さんは自分の組織へ戻っていった。

「(パ)そろそろ、帰ろうか?昼飯だろ、もうすぐ。」

自宅へ向かう途中、住宅街で今度はこちらから、

「(パ)こんにちはっ!」

「(人)いやぁ~ご苦労様。」

「(パ)散歩してきたんですよ。じゃぁ、失礼します。また。」

実はこの方、町内会の副会長、たまたま、ご自宅の前で植木の手入れをされていた様だ。

そのすぐ後から、自転車で追い越されたおじさん。

「(おじさん)こんにちは。」

「(パ)どうも、こんにちは。散歩してきました・・・。」

このおじさんは、我が家のはす向かいのおじさん。

今日、散歩で得た事。

  1. 妻と私の”子育て”に対する姿勢が互いに分かり合えたこと。ぶつかり合って、各々、考えて行動した。互いの想いが伝わった事が確認できた。(                                                                 
  2. 町の人、声を掛けた、掛けられたのは、たまたま知っている人だっただけのこと。でも、散歩中にすれ違った人、自転車をこぎわが道を行く人、ランニングに勤しむ人、草野球していた人達、勿論、ゴルフのオヤジも・・・色々な人達が、我々夫婦の帽子やベストを見ただろう(まっ黄色で目立つから・・・)。そんな色々な人達に言葉を交わさなくても、何かを残せたのではないかと思う(そうあって欲しい)。

我々夫婦はこれからも続ける。恥ずかしい事なんて何にも無い。どこの誰だか知らないんだから・・・。我が子にシゲキを与える為に町へ出て、町の人達にシゲキが与えられればいいなぁ。

多分、私はご近所では有名な”黄色い人”だろう。いいよ。カレーだったら1週間続けて食えるぜ、オレ。

私にとって、散歩は息子へのスパイス

キレンジャー、今日も出動!...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

(58)オレとした事が!! ~SECOの失敗~

折角作っているブログ!みんなに観てもらいたい。そして、自分の考えを知ってもらいたい。そんな思いで、私はブログ作りをしています。

それは、色々な人達の意見や交流の媒体として私の辛辣でつまらないブログを批判して欲しい。勿論、我が子や同年代の子供達、そして、その親達に考えて欲しい。

その為には、注目してもらう必要が有る。これは手段の一つですが・・・。

さて、本題。

携帯電話って便利ですね。いつも持ち歩く。だから、親バカな私は息子の写真を撮りまくり、自宅PCへメールで送信。

携帯電話の請求書が来た。何気なく開いて、瞳孔が開いた!

ナニこの金額!?

そう、写真の送信が原因とすぐにわかりました。

何たる失敗、SECOなオレが考えもなしにバンバン写真送信したので、なんと先月の倍。

ギョギョギョーーーッ(すいりん風)

早速microSDを検索、ついでに妻の分も。

まぁ、これもエンゼル費に計上しよう。

失敗して学ぶ。さて、このmicroSD、息子の誕生と同時に購入したデジタルビデオカメラのメモリ増設をいずれ、と考えていた為、まぁ、時間の差は有ったものの(購入が早すぎた)、流用、流用、リサイクルrecycle

考え方の問題よ。タイミングを外しただけ・・・。

独り慰めるパパであった。

ごめんよ、ママ。少しの間、甘いものは我慢してくれ。オレが作るよ、ニンジンクッキー。でも、ニンジンすりおろすの面倒だから、紅茶クッキーで許してくれるぅ?

あ~あ、これぢゃ、ただのSECOな男から、”めんどくSECOな男”って呼ばれちまうな。

そのうち、段々、長い名前になって・・・・

寿限無、寿限無
五劫の擦り切れ
海砂利水魚の
水行末 雲来末 風来末
食う寝る処に住む処
やぶら小路の藪柑子
パイポパイポ パイポのシューリンガン
シューリンガンのグーリンダイ
グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの
長久命の長助

の”めんどくSECOな男”になっちゃうよ (´・ω・`)ショボーン

デジカメオンライン

2009年11月18日 (水)

(59)レトロなジジの自転車 ~売約済み~

ジジ(義父)は今でも大事に自転車に乗っている25年もの。でも、タイヤはパンクするわ、チューブもズタズタ・・・。

どうやらようやく買い替えを考えたらしい(みんなに言われたから)

「(ジ)自転車屋まで車carで乗せてってくれない?」

「(パ)お安い御用ですよ。」

ジジ・ババ、妻と息子と5人で自転車屋へ。息子、初めて見る自転車の数々。赤やら黄色やら、ちょっとおされな、自転車も・・・それはそれは、あるわあるわbicycle bicycle bicycle bicycle bicycle売るほどある自転車屋だからね)。

大はしゃぎで o(*^▽^*)o店内を歩く息子、高いupwardrightところにある自転車を指さし・・・(あれに乗りたいdeliciousって多分言ってる

「(パ)あれは無理だなぁ~、こっちに乗ってみ!」

試しに乗らせてみた・・・。

「お゛ーーっ、乗れそうぢゃん。」w(゚o゚)w 未だ1歳なのに・・・。

一方、ジジ。買いに来たつもりで約一時間半、悩んだ挙句・・・結局、修理のタイヤとチューブを購入。

(また、レトロか・・・。)

ジジの家に着くと、その日は妻の姉妹達、ちょっと歳の離れた甥っ子、息子よりちょこっとだけお姉さんな姪っ子たち・・・勢揃い。女、女、女・・・女ばっかり。

「(姉妹)うちも自転車買い換えたいんだよねぇ~」 (ムムム?おねだり?流石)

「この子(甥っ子)のもそろそろ大きめのに変えたいしぃ~」 (やっぱ、おねだり?)

妻の実家では、今、自転車、買い替えラッシュ。

ママも原付を乗っていたが、息子が産まれてからは、さすがに乗れないので、オレが2台を交互に乗っている。バッテリー上がっちゃうし。

SECOアイディア!flair

「(パ)よぅし、みんなでリサイクル(物々交換)しよう!」

「ママの原付はジジへ、甥っ子の自転車は息子へ、姉妹の自転車はママへ、ジジが新品の姉妹の自転車を買う、ババは甥っ子のを買う。・・・・どうだ?」

「(全員)う゛~~~~~ん゛」 (それぞれの思惑が交錯)

まさに、”サイクル、リサイクル、リサイタルだっ!” ハッハッハ (能天気なのはオレだけ)

近々、物々交換の条件(ホンネ)がポツポツ出てくるだろう・・・。

でも、本当は、ママの自転車はパパが買ってあげるつもり。(気に入ってたヤツの、ちょっと高い方。)いい物を(気に入ったモノ)を長く、大切に使う事が大事なんだよっ

だから、ジジのレトロも少し見習いなっ。

でも、甥っ子の自転車はパパがゲッツしてやるぞぅ。

ジジの車と時計は20年後にもらう約束しちゃったもんね(売約済みシール、ペタン)

(ありゃ、いいぞ、パパの目に狂いは無い。息子よ、パパの車と時計をキミにプレゼントするために、パパはジジの車と時計をゲッツするからな。)

物を大切に使う、愛着を持って手入れする。

これも””ですから、ジジ、協力してね。

.

2009年11月19日 (木)

(60)電車、自転車を見に・・・振り返り ~親として思うこと(役割)~

この週は、土曜日に息子を川原へ連れて、妻と3人で電車を見るためにパトロールスタイルで、日曜日はジジの自転車を見に、自転車屋さんへ行った。(それぞれの内容はバックナンバーを参照ください

少し横道へ”チャギントン”という番組をご存知ですか?これは主に3人(?)の見習いチャガー(擬人化された列車)達が、それぞれの個性や特徴を生かしつつ、街の先輩チャガー達と協力して、自分達の役割を果たして、成長してゆく物語です。(CGアニメ)

本題へ、息子に電車を見せました。色々な電車が色々なスピードで通過して行く、各駅、急行、特急など、それぞれの役割と個性(機能)を持った列車・・・

一方、ジジの自転車、車、時計、甥っ子の自転車、私自身の時計や車、それぞれ愛着を持ち、大切に使っているもの。これらを次の世代(ジジ→私→息子、甥っ子→息子など)に渡すという行為

これらの話を複合して私が思ったこと(振り返り)を記したいと思います。

先ず、物を大切に愛着を持って使う、これは大事な事。そして、その愛着を持って使っていた物が、次の世代へ受け継がれる。それは、単なる物の移動ではない

その渡された物には、前に所有していた人の思いや、様々な思い出、出来事・・・上手く表現できませんが・・・その人の歴史が次へ受け継がれるということ。そしてその人にとって、その物の役割は終わり、次の所有者へ役割を受け継ぐのです。それぞれの個性や思いの詰まった、新たな所有者の役割を果たす為に・・・。

その人にとって大切だった物、愛着を持って使っていた物ほど、その役割を受け継ぐ事の重要性が有ると私は思います。

そして、語り継がれる物語が、所有者を経て様々に加わり。

ですから、”お古”という表現は私はこの場合、適切には思えません。次の所有者は、先代、先々代・・・の所有者の思いと歴史を語り継ぎながら、大切に、大切に、次の世代へ渡してゆく。

そういう世の中に私はしたい。例えとして”モノ”を取り上げましたが、物ではない文化や伝統、思想、心、慎ましやかな振る舞い・・・・・そういった大切な有形、無形の財産。社会の風潮。良い事。

”昔は隣のオヤジによく叱られた”これって、大切な日本人のですよね。

良いものを受け継ぎ、また新たな良いものを生み出し、付け加え、次の世代へ受け継ぐ・・・役割

親には自分の子だけでなく、社会を変える役割があると思います。未来の親達の為に。

うまく、まとまりのない内容でした・・・でも、今、これが自分の中で、咀嚼出来てアウトプットできた部分。まだ奥深い内容・・・・・考え続けましょう、そして実践しましょう、全員で。

私も、反芻し、咀嚼し、考え、行動します。

2009年11月20日 (金)

(61)長い箸の話 ~極楽と地獄~

今日の記事も下書きなし。推敲していないので多少乱文になることをご了承願います。

さて、今日は私が読んだ本の話。いい話だから耳の穴かっぽじってよぅく、聴いて下さい。ていうか、目をそらさずに熟読し、考えてみて下さい。私からの皆様へのメッセージです。

先ず、言っておきたいのは、私の持論は”親や周囲の大人が変わらなければ、世の中変わらない。政治家が世の中を変える訳ではない”と言う事。だから、ご子息を持つ親御さん、お孫さんを持つ我々世代の親(祖父母世代)の方々に是非、世の中を変える努力(自分の出来る範囲で)を行って欲しい。そして、その出来る範囲をどんどん広げて欲しい。或いは周囲の大人に広めて欲しい。”そんなメッセージです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;; 以下、本の内容を、抜粋、引用 +:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、在る所に修行を積んだ老師がいらっしゃった。この老師が夢を見たそうだ。

老師ははじめに地獄に行かれた。地獄でも、食卓には山海の珍味溢れんばかりの豪勢な食事が載っていた。地獄に落ちた人たちは、与えられた長い箸で食べようとしている。だが、箸が長すぎて、自分の口に入らない。ご馳走を目の前にしながら、焦るばかりで食べられず、痩せさらばえていくばかりだ。

次に極楽へ行かれた。意外な事に、極楽では、長い箸を与えられているものは同じだが、ご馳走は地獄ほどではなかった。けれども、極楽に往生した人たちは、みな、ふくよかで、にこやかに談笑している。

どうしたわけかと眺めていると、長い箸を使って、食べ物を相手の口の中へ入れている。地獄の人は自分の口へ。極楽の人は相手の口へ。

極楽と地獄の違いはここだったのだ。

相手の事を思いやらないのが地獄。思いやりの関係が成り立っているのが極楽。決して、ご馳走がいっぱいある方が極楽ではない。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;; 以上、抜粋、引用 終了 +:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

どうでしょう?みなさん。

私が言いたいのはまさにこれだという思い、今の社会に欠如している思いやりの関係の成立が極楽にはありました。皆さん、今、私は私を取り巻く環境は、大人たちは、親達は、まさに地獄なのではないでしょうか?

豪勢な食事を目の前に出され、自分の口へ入れようと思っていませんか?

もし、思い当たる節があるなら

Cocolog_oekaki_2009_10_22_06_49

先ず貴方から。これは日本人が古来から大切にしてきた、謙虚な心と姿勢の筈です。出来ないわけがありません。誰しも心の中にある、知ってる事なのです。

前にも申しあげましたが

「知行合一(ちこうごういつ)」 知っている事と実践する事を同じくする。簡単な事です。

ブックオフオンラインブックオフオンラインオンライン書店 boople.com(ブープル)

(62)理事に復帰しようと思う ~町を変えたい・人を変えたい~

縁あって住まわせてもらっている町に貢献したいという気持ち、町の情報を(生の声、自分で観て理解する)集めるためだ。確かにPCを使って情報を集める手段は色々ある。でも、本当にそれだけでいいのか?それは自分のためだけであって、町に・町に住む人に何も貢献出来ていない。町の本当の姿を見ていないと思ったからだ。私は一旦決めたらとことんやる性格。町内の行事、参加する人々とのふれあい、理事会への参画、アイディアの提案、都の補助金確保のための資料作り及び実績のための活動、実績報告など・・・様々やってみた。

私が理事継続を辞退した理由

  1. 理事は全て私の親の世代。若い者は全く興味なし
  2. 理事会の形骸化(行事の連絡事項にとどまるだけ)
  3. 理事の看板を掲げるには、120%全力でやる気力が必要
  4. その気力が失われた
  5. 息子が産まれ、仕事も忙しく、全力で活動できない状況になった
  6. 町の人たちへ、私の思いがなかなか通じない
  7. 理事の看板を背負っていなくとも、自分の出来る範囲でやればいい

など、数え上げればキリが無いほど、問題点が沢山見つかった。ここは一度ひいて、もう一度冷静になってどうしたら町が本当によくなるか、町に住む人たちが笑顔で暮らせるか?を冷静に検討する猶予が欲しかったからだ。つまり、いずれは復帰するつもりだった・・・。

しかし、理事を辞めた後、町の様子を観ていても、一向に今までと変わりない、町の人たちが変わっていく気配すらない、理事会も相変わらず形骸化、逆に世間話に終始し、アイディアを出すような人物(長老にもかかわらず)がいない。

会長は孤軍奮闘している、サポートが必要なのに・・・。

早速、会長に申し入れた「(パ)もう一度、理事に戻ります」

その一言だけで私の考えている事がわかるくらいに会長とは分かり合えた仲だ・・・四の五のいう必要は無い。

早速、(未だ理事会で承認されていないまま)活動は開始された。

今日は町のシルバー達を集め、シルバーへの安全に対する啓蒙活動。警察官を呼び講演もしてもらった。私は講演自体は聴かなかったが、裏方仕事を行い、荷物運びや段取りの手伝いなどした。

そして、一旦帰宅。

そこへ会長から電話。内容は至って簡単。講演していただいた警察の方に御礼を述べに、また今日の振り返りと今後の予定をお知らせし、参加できるかどうかなど、確認するために警察署へ一緒に行って欲しいということだ。

会長は警察署内では顔パス。私はそこまでではないので、鞄持ちとして同行。勿論、今日もキレンジャースタイルで。

警察の方々と話を色々した。普段聞けない内容も聞けた。これは、足しげく通う必要が有るなと思った。今後は鞄持ちから顔パスになるまで、何度も何度も足を運び、我々の声、警察の思いを双方向につなげる必要が有るな。

パイプは既にある、そのパイプに乗っかって、後は顔を覚えてもらうだけだ・・・。

警察は管轄の市民を守ろうと必死だ。だから講演にも来るし、協力もする。それをどう受け止めるか、伝わったか。伝えられる側の問題もあることがよぅくわかった

町の安全、風紀、誰が守る?我が子の安全、近隣の子どもの安全、(勿論、シルバーも)誰が守る?

私は、何度でも言い続ける。

我々世代(子どもを持つ親)がもっと積極的に自分の行動変革をしていくべきだと。長い箸誰のために使う?それを真剣に考え、行動してもらいたい。

力を貸して欲しい。SOSだ、これは私が発信している。皆さんに対して、誰でもいい、SOSを察知して、見つけて、救って欲しい。みんなでやるんだ。旗は立てた。旗に集まれ。旗を目指せ!大人達、改めよ。ふくよかに談笑する極楽を目指すために。

2009年11月21日 (土)

フライパンで10分パスタ アーリオオーリオ基礎(ピリ辛)

今回は、フライパンで10分パスタシリーズピリ辛レシピです。

今回学ぶ事は、ニンニク、唐辛子のアーリオオーリオの応用です。是非、頑張らずに調理して下さい。

レッツクッキン!クッキンタスティック!

調理器具

  • もう書かない

材料

  • ニンニク
  • 唐辛子
  • タマネギ ざく切り
  • しめじ 石づきを切り落としほぐす
  • (葉ネギ 飾り付け)

調味料

  • 塩 小1.5
  • コショウ 少々
  • 小麦粉 大1
  • ヨーグルト 大2 ※ポイント調味料(隠れキャラ)
  • オリーブオイル(あれば)
  • バター 15㌘くらい

調理法

  1. 弱火でオリーブオイル、ニンニク、唐辛子が香るまで炒める(1分程度)
  2. 強火にし、タマネギ、しめじを炒める(1分くらい)
  3. 火を止め小麦粉大1を混ぜ合わせる
  4. 水(200cc)で混ぜる
  5. ヨーグルト、塩、コショウを入れ、味を決める(完成の味)
  6. 水(約500cc)を入れ強火で沸騰させる
  7. 沸騰したらパスタを投入 ※重要)初めだけパスタをくっつかない様に混ぜる                                          ~この間に洗い物を済ませておく~
  8. 7分で5の状態になるように適宜、水(または湯)を加えながら様子を観る(強火のまま)
  9. 火を止め、バターを入れる(味をマイルドにする)
  10. 7分後完成。皿に盛り付ける

Img_0133_3 Img_0134 Img_0136_3  Img_0138_2

Img_0140_3 Img_0141_3

2009年11月24日 (火)

(63)うちはリサイクル屋ぢゃねーっつーの! ~おもちゃでいっぱい~

先だってモノを大切に、愛着を持って・・・という記事を掲載しました。recycleリサイクルrecycle、とても大事な考え方cloverだと、今でも、私は思っています。

ですが・・・。

妻の姉妹ときたら・・・ここぞとばかりに、自分達の家で不要になった、おもちゃ、洋服t-shirtdenim、パペットpig、なんでもかんでも・・・同じ様なもの、1種類のおもちゃにしてもその数たるや、

あるわ、あるわ。 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

一番おチビちゃんsmileのうちにみんな持ってくる。要は愛着も、たいして無い不要品を、こぞってうちに処分に来るわけですわ。 ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ

私は家でも会社でも5Sshine(整理、整頓、清潔、清掃、躾)を心掛けている人間なので、家には不要なものは無い!scissorsというほど・・・・・。

以前(息子が産まれる前)、妻の友人に「ココの家は生活感が全く無い!」と感想をのたまわれた程、モノを持たない主義ban

ところが・・・あれよ、あれよ、と言う間に、子ども用品で一杯になってしまった。当然、私は2Sshock(整理、整頓)を心掛けている為、収納法も現在、模索中ではありますが・・・。

それにしても、やり方がえげつない。

「(姉妹)要らなかったら捨ててネ」

って、要らないものをうちに持って来るな!annoyannoyannoyannoyannoy私の住む町では(どこの市町村でも同じだと思いますが)ゴミも全て分別、ゴミ袋も有料(結構高い)。なので、捨てるに捨てられず・・・。

だからこそ、愛着を持って長く使えるものを大事に、大事に、手放したくない位に使って、手放したくないけど、うちの息子に今、使えるものだから、使って欲しい・・・と、こういう考え方が大事なのだ。

そもそも、姉妹の家にはモノが多過ぎる。高度経済成長時代upwardrightの日本よろしく、買っては捨て、捨てては買って(もらい←実はこれも問題)。まぁ、身内だからいい辛い面もあるのですが・・・。

引越しの手伝いもしましたが、ナニこれ?使うの?何人家族?キミらは。ってくらいに、モノの多い事、多い事。一方、我が家の引越しは殆んど妻と二人で出来る(多少の重量物に男手を借りた程度)くらいだったのに・・・。

一発やるか?punch щ(゚Д゚щ)カモォォォン

新年には毎年、各々元日は夫の実家へ、2日は妻の実家へ集合するのが恒例。

身内に対して批判すると、あとくされがあって嫌なのだが・・・。社会を変えようと志す私としては、捨て置けない問題。

それぞれの人生観の違いは承知で・・・。あとは言い方。これさえ気をつけて、伝えたい事を伝えなければ・・・(甥っ子や姪っ子の居る前で。)←ハイッ!ココ超重要。φ(・ω・ )メモメモ

「うちはリサイクル屋ぢゃねーっつーの!」てのが本音。

あ~ぁ、親戚付き合いってムズカシイ・・・

2009年11月25日 (水)

(64)地デジ化問題 ~孫の恩返し~

ジジ(義父:自営)は私(サラリーマン)から言わせれば、多少(いや、かなり)奔放な性格でして・・・ふらっと、うちに現れて、昼ご飯を食べて帰ったり、お茶を飲んで帰ったり・・・でも、そんなジジに大変感謝しているとともに、私は尊敬すらしている。まぁ、家も近いし、ふらっと入れる我が家との繋がりも良好な訳で(自慢)・・・。

ジジは今、散歩に夢中。散歩といってもハンパぢゃ無い。

”ちい散歩”ならぬ、 ジジ散歩sign03

あても無く歩き始め、駅を見つけては行く先も決めず、電車に乗り、時には鎌倉、箱根、小田原・・・と。

(ジジ、それは散歩ではなく、小旅行ですぞっ。 ( ´艸`)プププ 

実に面白い(←ちょっと古い、これいらないね。coldsweats01

それはさておき、ジジの家では地デジ化問題が発生している。3年ほど前に買ってあげたPCはアナログしか観られない。2011年に向けて深刻な問題なのだ。そのPCで毎朝TVを観ながら朝食を摂っているらしい・・・・・。

PC以外は全て地デジ化対応済みなのだが、朝の楽しみ(特にババ)を奪ってしまう事になる。

妻方の親戚でPCに一番明るいのは私。その他にも、携帯やイエ電の支払い額の見直しなどの世話もして、なるべく、金銭的に負荷が掛からない方法をお勧めし、変更している。

私が新しい地デジ対応PCを買ってやろうと思っている。だが、姉妹が実家(ジジの家)のPCを使い、外部とのやり取りをしているらしく、PCを買い換えることで、姉妹に不都合が生じる・・・・・・らしい。(たいしたことでは無いのだが

はて、困ったもんだ。

皆が笑顔で丸く収めるには如何にすべきか。o(*^▽^*)o

私の作戦としては、私が新しいPCをババの為に購入し、古いPCを私が引き取る。理由は私がもう1台PCを使いたいからとでもしておこう。姉妹の方は、もう一度、業者さん(詳しくは書きませんが、ちょっと特殊な作業)に頼んで設定やらの作業をしてもらう・・・。そんな筋書き・・・。というか、それしか選択肢がない。

まぁ、あと1年半、執行猶予付き。状況も変わるだろう。Win7も、その頃になれば落ち着いて、丁度、買い頃(PCとTVがしたいだけなんだから)だろうし。

ジジもPCを自腹で買うことに異論は無い。しかし、姉妹(自分の娘)が嫌な顔をするので躊躇している(のか、奔放なのでほったらかしにしてるだけか・・・・。後者に一票。)

ここはオレが無理矢理ねじ込んで、”孫smileからの恩返し”いつも、面倒見てくれてる、ジジとババへ。姉妹も仕方ないwinkと諦めるだろう。ゴミ捨ててやってんだから、我慢しろ!とでも言ってやろうか・・・(笑)←いや、ホントは笑えない。shock

あ~あ、親戚付き合いって、本当にムズカシイ(前号に続きまたしても憂鬱になる私であった。)

(つづく?・・・ね、この話は。)

2009年11月26日 (木)

(65)ありがとうの意味 ~何気ない言葉・大切に~

「ありがとう」言ってますか?言っていない人、注目!

「ありがとう」の意味知ってますか?知らない人注目!

「ありがとう」、これは「有り難い」という意味。そのまま。そう、有り難いとは、殆んど奇跡に近いほど、有り得ないということです。でも、この世の中は有り得ない事が連続していると考えられませんか?私が読んだ本の一節を引用させていただきます。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 以下、引用開始 :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

あるとき、釈尊(高僧)が弟子に尋ねた。

「例えば、大海の底に一匹の目の見えない亀がいて、百年に一度浮かび上がる。その大海に一本の浮木が流れている。木の真ん中に小さな穴がある。目の見えない亀が、百年に一度浮かび上がった時、たまたま浮木の穴から首を出した。そんなことがあるだろうか」

弟子が答えた。

「有り難い」(ありえませんよ)

釈尊は続けた。

「そのありえないことが起こるのだ。それが、今、皆が産まれ、そこにいるということなのだよ」

人間に産まれる。この自分に生まれる。そして、人とめぐり合い、夫婦、親子、友人といった縁の中で生きる。

それが、如何に、「有り難い」事か。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 以上、引用終了 :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

考えてみて下さい。

この世の中、全て、有り難い事で溢れているではありませんか?

その有り難い事に出会ったとき、出会わずとも、ふとした瞬間に、「ありがとう」感謝の意を込めて言いましょう。そして、実践しましょう。ありがたいことに感謝して。

私は子育てを通じ、大人がダメだ、社会がダメだ、と言っていますが、それは、自分に対してダメだ、今のままではダメだといい続けているのです。他人に責任転嫁しているわけではありません。だから、私は「ありがとう」という言葉を大切にしたいと思います。これからも。

「ありがとう」言ってみましょう。気恥ずかしい事なんて何も無い。「ありがとう」知りましたよね。知行合一(ちこうごういつ)。あとは行(実践するだけです)。簡単ですよ。

でもとても大事な事。大切な言葉。言葉には言霊が宿っています。言霊を上手く使う事を覚えましょう。私も。

2009年11月27日 (金)

(66)SECOな男の失敗から学ぶ ~MicroSD祭り~

私(他称)、めんどくSECOな男がまさかの失敗をしたことについては、バックナンバーをご覧下さい。かといって、SECO、めげない。二度と同じ過ちを繰り返さないために、また、被害を最小限に食い止めるために、SECOな男、キヨブタダイブしました。

MicroSDを購入しました。そこで、今回はMicroSD購入記念祭りとして、息子の散歩風景をバンバン載せます。

今日は、ウザイ説法はナシ!(v^ー゜)ヤッタネ!!

写真楽しんで下さいネ。(これでも普通の親ですから・・・息子が可愛くてたまらんのです。)

F1000027 F1000034 F1000043 F1000045 F1000060 F1000042 F1000035 F1000054 F1000055

(67)コアラの離乳食 ~知ってる?~

突然ですが、コアラ皆さん知ってますよね。そう、動物のコアラ

コアラといえば食べ物はな~んだ?

(コアラのマーチって考えた人、毎日、私のブログにポチッと投票の計に処す。m9(^Д^)プギャー ハッハッハ)

そう、ユーカリの葉。でもユーカリなら何でもいいわけではありません。彼らは、実はかなりの偏食家で300種類近くあるユーカリのうち、僅か10種類ほどしか食べないそうです。w(゚o゚)w

(っつーか、ユーカリだけって時点で、相当、偏食なんですけどぉ~・・・みたいな。)

そうそう、忘れるところでした、今回の話題は離乳食smile。ママ達は大変な思いをし、毎日、長い時間を掛けてゆっくりと、我々大人が口にするような食べ物が食べられる様に、気を遣い、手間隙かけ、離乳食を作って、お子様達に食べさせているのです。(時々、躾もどきを織り交ぜながら・・・

で、人間の場合、ほぼ水っぽい、ドロドロ系の食べ物から始まり、徐々にベタベタ系へと移行し、ムニャムニャ(小さい)系からムニャムニャ(大きめ)・・・と進めていくわけです。

お父さんたち知ってましたか?お母さんは大変なのです。┐(´д`)┌ヤレヤレ

コアラの話はどうなったのか?忘れてきましたね(これだから下書きナシはダメですな、冗長になりすぎて(反省))

はい、コアラ、カンガルーと同じ有袋目ですから子どもは、母親の袋で育てられます(これが俗に言う、おふくろさんshock。なんちゃってオジサンって、昔、居ましたね。)(ここ笑うとこなんですけど!パー子ならとっくに笑ってるっちゅーねん。)

はい、通常は一回のお産で産まれるのは一子だけで、2㌢くらい。コアラの袋はカンガルーとは逆にお尻の方に開きます。モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

子どもはこの中で乳首に吸い付き半年くらい過ごすと、袋から頭を出して、母親の肛門に鼻先を突っ込むようになります。

そう、母親が出す下痢便状の、ユーカリの未消化便を食べるためです。子どもは前足で肛門を押し開き、頭を中に入れたりもします。つまり、母親の未消化便がコアラの離乳食なのです。φ(・ω・ )メモメモ

あーびっくら、たまンげだ。

2009年11月28日 (土)

フライパンで10分パスタ 鍋の残りを使う (中華風あんかけ)

今回は、フライパンで10分パスタシリーズ鍋残り始末レシピです。

今回学ぶ事は、鍋の残りの処分とあんかけのポイント(火を止めてから絡ませる)です。是非、頑張らずに調理して下さい。

レッツクッキン!クッキンタスティック!

調理器具

  • もう二度と書かない

材料

  • 昨夜の鍋の残り(具があっても良い)
  • ハクサイ 少なければ足す程度 削ぎ切り
  • ニンジン いちょう切り、若しくは2mm短冊切り
  • (かさ増ししたければ大根) いちょう切り、若しくは2mm短冊切り
  • 小松菜(葉ものがあればなんでもいい)
  • レンコン ざく切り(小さめ) 歯ごたえを加えてみましょう

調味料

  • 塩 小1
  • 酢 大2
  • ケチャップ 大1.5
  • 醤油 小1
  • くず粉(無ければ、片栗粉)

調理法

  1. 鍋の残り汁に野菜を全て入れて強火(2分程度)
  2. くず粉以外の調味料を全て入れ完成の味にする
  3. 水(約500cc)を入れ強火で沸騰させる(残り汁の量によって調整)
  4. 沸騰したらパスタを投入 ※重要)初めだけパスタをくっつかない様に混ぜる                                            ~この間に洗い物を済ませておく~
  5. 7分で2の状態になるように適宜、水(または湯)を加えながら様子を観る(強火のまま)
  6. 火を止め、水で溶いたくず粉を入れる
  7. 少し火を通し、とろみが出たら完成。皿に盛り付ける

写真撮り忘れちゃった~、ごめ~ん。(創造で作ってみてください。腕の見せ所。今までの料理が出来ていれば出来ます。イメージは、酢豚の味のパスタですよ(笑)   

2009年11月30日 (月)

(68)便利な言葉 ~忙しい日本人~

ただでさえ、毎日忙しく動き回る、これが日本人の特徴のようですね。朝の会社の通勤ラッシュ、信じられないくらい詰め込まれ、運ばれる人々。家庭内でも、家事やら育児で大忙し。 (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

客観的に自分を省み、周囲を見渡した時、”本当にみんなそんなに忙しいの?”、”それは一体なんのため?”という実に素朴で、実に難しい問題に直面してしまった。

一昔前の日本のサラリーマンとは異なり、今は週休2日が当たり前、この不景気で、残業も禁止されている会社も多いと聞きます。そして、土曜日、日曜日、連休ともなると、皆こぞって出掛ける。rvcar carouselpony snowboard wave fuji

(出掛ける事が悪いといっているわけではありませんよ。)

でも、”休みたい”、”疲れた”、”やりたくない”こんな言葉が口癖の様に親の口から発せられていませんか?

言葉というのは非常に大事なもので、何気なく使ってしまう一言が、重大な事態を招く事もあります。(口は災いの元・・・なんてありますよね。)

どうでしょう?お子様達は、普段の皆さん、親達の行動、言葉遣い、態度、社会性、人間性など、あらゆることを目の当たりにしている訳です。望むとも、望まずとも。

もし、思い当たる節があれば、こんな言葉があるということを思い出したいです。

「インシャラー」

これは、アラブ諸国の回教徒がもっともよく使う言葉だそうです。「アラーの御心のままに」という意味です。ですから、現場に明日何時集合と言っても、人が集まらない事なんてざらだそうです。

よく似た話を耳にしますね。ラテン・アメリカのスペイン語圏では「アスタ・マニャーナ」という言葉です。これは、「また、明日」という意味です。例えば、役所に16:45に届出を出しても「アスタ・マニャーナ」と言われ、処理してもらえないなんて事もあるようです。

他にも諸外国で同様な言葉や文化があることに日本人が初めて現地に行くと、必ずと言っていいほど、驚く自体が発生するようですね。 shock shock shock

でも、良く考えてみてください。

常に前だけを見て、しかも、全速力で走っていればいいのでしょうか?私はそうは思いません。息子を見ているとよぅく解ります。息子smileを散歩に連れ出すと、必ず、寄り道 キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ、何かを発見 ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン、驚き Σ( ̄ロ ̄lll)喜び o(*^▽^*)o、小さなことでも、大きなことでも。息子はそうやって、色々、自分の時間を使って自分を高めているのです。(悪い事(経験)も含めて)。

ただ、突っ走る、今の日本、今までの日本、大人、親、絶対におかしい!早くそれに気づいた者が、安寧な心境で暮らす事ができ、本当の意味でのゆとりある教育が出来るのではないでしょうか?教育は親がするのです。周囲の大人がするのです。

その為には、先ず、自分が安寧でないと。

「その時間、本当に必要?」

私はもう一度考えて、無理せず、怠けず、時にはインシャラーアスタ・マニャーナで暮らします。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »