2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の24件の記事

2010年3月 3日 (水)

(130)脳と心と体の関係(1)

●◎● 第一章 ●◎●

【心と体の基礎は脳にある!】

①大脳皮質:人間らしく生きる高度な機能
『考える、計算する、記憶する、言語のコミュニケーション、情感など”人間らしい”高度な精神活動や細かな運動などを行う脳。「理性」はこの部分が担当』

②脳幹と大脳辺縁系
『生きていくのに最低限必要で不可欠な機能、基本的な「いのち」の維持を担っている部分。脳の中で最初に発達します。呼吸、心拍、体温、睡眠、食欲、姿勢の維持、情動(快・不快、怒り、恐怖など原始的な感情の動き)など。ワニもトカゲもネズミもウサギも、皆持っている原始的な部分。』

☆先ず、生命維持に必要な脳(脳幹)と大脳辺縁系が発達する。
☆高度な機能を司る脳へのつながりができて大脳が発達する。

これらの基礎(土台)の上に人間らしさが育ちます。

2010年3月 4日 (木)

(131)脳と心と体の関係(2)

●◎● 第二章 ●◎●

【脳と心のメカニズム】

大脳辺縁系で起こった情動を理性の脳が上手く制御して、不安を安心に変えたり、衝動性を自制心で抑えたりします。

このとき、脳の中をつなげているのは、主にドーパミン、ノルアドレナリン、*セロトニンという神経系です。

セロトニン神経が上手く作られてきちんと働いていると、原始的な”不安”が生じた時に、これを前頭葉で”安心”に変えることが出来ます。

例)

犬を見る(刺激、情報が入る)==>「怖い」「いやだ」と思う==>高度な部分に伝わる(セロトニン神経が伝える)==>「尻尾を振っているから・・・大丈夫、怖くない」と判断。

”不安”や”恐怖”が高度な機能の脳につながって”安心”になり「大丈夫」という理性を持って適切な行動を取れる、これがセロトニン神経の重要な働きです。

セロトニン神経が上手く働かない脳では、不安は不安のまま取り除かれず、ストレスが増大。思春期の悩みや問題に心が耐え切れない事が心配されます。感情のコントロールも上手く行かず、恐怖や衝動性を抑えられず、大きな攻撃性を生んでしまう危険性もあります「キレる」という言葉が表す状態は、これに近いものだろうと考えられます。

また、乳幼児期に、安心できる心の要*セロトニン神経がしっかり作られていれば、マナーやルールを守る事や思いやりの心、勉強を頑張る心などは失敗や成功を繰り返しながら段階を経て身につけて行くことが出来ます。

2010年3月 5日 (金)

(132)脳と心と体の関係(3)

●◎● 第三章 ●◎●

【先ずは早寝早起き!夜の光は危険】

①朝の光をキャッチして体内時計をリセットします

『地球の周期は24時間ですが、ヒトの生体リズムは約24.5時間。このズレを脳の中の時計(生体時計)がある「*視交叉上核(しこうさじょうかく)』というところで朝の光を感じてリセットします。この体内時計の働きで睡眠、体温、ホルモンの分泌などのリズムを刻んでいます。朝の光を受けず、明るさの変化がないと、体温やホルモンの分泌のリズムも崩れてしまいます。

②夜に浴びる光は子供にとって危険がいっぱい

『*夜も明るい環境で過ごすと、生体時計は昼間だと勘違いして、地球時間とのズレが大きくなります。このまま夜更かし朝寝坊状態が続くというのは、時差ボケが慢性化したようなもの。色々な生体リズムはバラバラになり、体調不良になってしまいます』

*視交叉上核:体内時計がある。生体リズムの発信地。睡眠と覚醒、体温、ホルモンの分泌などに関与する。

*夜の光は「*メラトニン」という細胞を守るホルモンを出しにくくします。

*メラトニンは、細胞を守る、規則的に眠気をもたらす、性的成熟を必要な時期まで抑えるという作用があるたいせつなホルモン。5歳くらいまでに最も多く分泌されます。メラトニンは、夜、暗くなると出てくるので、夜更かししていつまでも光を浴びていると、メラトニンの分泌が抑えられてしまいます。

③成長に必要なホルモンは、夜寝ているときに沢山分泌されます

『生後4ヶ月くらいから、夜寝ているときに成長ホルモンが集中的に分泌されるようになります。4~6歳ころからは、寝入ってすぐ、深く眠っている時に特に沢山分泌されます。成長ホルモンが十分に分泌されないと、脳や体の成長に影響が起きる事が心配されます。』

④体温のリズムは昼間の生活に影響します


『体温は、明け方に低く、起きると上昇して脳や体を目覚めさせ、活発に動けるようなリズムを刻んでいます。睡眠のリズムが乱れると体温のリズムも乱れてしまい、午前中にボーっとしたり、疲れやすくなります。』

⑤夜更かしや睡眠不足にはどんな危険があるか

『子供の心と体に悪影響ばかり。』

「夜更かしの子は睡眠時間が少ない」という調査結果があります。睡眠不足では脳の機能も身体機能も、意欲も低下します。知的面にも感情面にも影響します。

子供の行動に関する調査分析でも「規則正しく早く寝る」「朝早く起きる」事が単に「睡眠時間が多い事」よりも「子供の問題行動を減らす」可能性が高い事がわかっています

また、朝の光を浴びず歩行などのリズミカルな運動が減ると、セロトニンの働きも高まりません。更に運動量の低下による運動不足は肥満につながり、生活習慣病にかかる危険性を高めます。小児期に活動量が少ないと慢性的な疲労症候群になる危険性が高まるとも言われています。

このように夜更かし、朝寝坊は子供の心と体に悪い影響ばかりだという事が、様々な研究結果から解っています。幼稚園や保育園でも、朝からボーっとしている、イライラしている、ぐずるなど気になる様子の子供が居るようです。お子さんの様子が気になったら、生活リズムを見直しましょう。

2010年3月 6日 (土)

フライパンで10分パスタ ~オーロラソース~

今回は、フライパンで10分パスタシリーズソースに困ったら名前で誤魔化せレシピです。

是非、頑張らずに調理して下さい。

レッツクッキン!クッキンタスティック!

 

材料

  • 大根の皮 冷蔵庫に有ったからそのままて入れた
  • ニンジンの皮 冷蔵庫に有ったからそのまま入れた
  • 蕪の皮 冷蔵庫にあったからそのまま入れた

調味料

  • 塩 小1/2
  • コンソメ 1個
  • オーロラソース(実はケチャップ&マヨネーズ)

調理法

  1. フライパンに油を引き、材料を入れる(強火1分程度)
  2. 塩とコンソメを入れて入れ強火で炒める(30秒程度)
  3. 水900ccを入れ、強火で沸騰させる。
  4. 沸騰したらパスタを投入 ※重要)初めだけパスタをくっつかない様に混ぜる                                                  ~この間に洗い物を済ませておく~
  5. 7分で茹でる。適宜、水(または湯)を加えながら様子を観る(強火のまま)
  6. ケチャップとマヨネーズを入れて、混ぜる。(オーロラソースと申し出る
  7. 完成。皿に盛り付ける。

                               

         。                    Img_0101 Img_0102 Img_0103 Img_0104 Img_0105 Img_0106 Img_0107

2010年3月 8日 (月)

(133)脳と心と体の関係(4)

●◎● 第四章 ●◎●

【一日のこのリズムが大切です】


『早起きをする==>朝ごはんを食べる==>昼間はたっぷり動く・遊ぶ==>早く寝て、ぐっすり寝る==>早起きをする==>朝ごはん・・・・・』

①早起きをする


カーテンや雨戸を開けて朝の光を浴びましょう
散歩やラジオ体操など、朝の活動にチャレンジ

②朝ごはんを食べる


家族揃って、朝のコミュニケーションを!
食べた後の歯磨きも!
朝ウンチはいい習慣(夜ぐっすり寝ている間に、体をお休みモードにする”副交感神経”の働きでウンチが腸の中を肛門近くまでやってくる!朝ごはんで胃や腸が刺激されて、朝ウンチが出ます。)

③昼間はたっぷり動く・遊ぶ


体を動かす事でセロトニンの働きも高まります

④早く寝て、ぐっすり寝る


お子さんのお気に入りの「入眠儀式」を見つけて!
電気を消して、暗くする事が心と体にいい

*早く寝る工夫を家族みんなで
・寝る前のお風呂で体温が上がってしまうと眠りにくくなることも。お風呂を夕食の前にしては?
・仕事で帰宅が遅くなったら、子供とのふれあいは朝に!
・子供が寝る時刻にはテレビを消して

*寝る時間を子供に任せずに!「寝かしつける」事が大切です。

2010年3月 9日 (火)

(134)脳と心と体の関係(5)

●◎● 第五章 ●◎●

【食べることで育てる】

心も体もぐんぐん育つ乳幼児期には、栄養の観点は勿論ことですが、生涯の生活と健康にかかわる「食」のスタート地点という意味でも大切です。

授乳や離乳の時期を経て、食事のリズムができ、大人と同じものを食べ、食べ方や食の楽しみを知り、やがて自分で食事を作るようになり・・・成長につれて食とのかかわりは深く広くなっていきます。

食は生涯にわたる命の源。だからこそ、その出会いの時期には「食べることは楽しい」という気持ちを育てる事が大切です。

こんな「食べる力」を育てよう!

・家族と一緒に食べることを楽しむ
・おなかが空くリズムをもつ
・安心、安らぎの中で飲む、食べる
・五感で味わう
・色々な食品に親しむ
・食べたいもの、好きなものを増やす
・良く噛んで食べる
・食事のマナーを身につける

2010年3月10日 (水)

(135)脳と心と体の関係(6)

●◎● 第六章 ●◎●

【朝ごはんのパワー】

①体のリズムを整える


朝ごはんを食べると、エネルギーがいきわたって体が目を覚まし、動きやすくなり、一日をスッキリ元気にスタートできます。ところが朝ごはんを食べないと午前中は頭も体もボーっとしたまま・・・。昼ごはんを食べた後にようやく活動的になり夜はいつまでも眠れず、また朝起きられない・・・そんな悪循環に陥ってしまいます。

②体温を上げる


ヒトの体温は寝ているときは下がっていますが、朝ごはんを食べ栄養がいきわたる事で体の中で熱が作られ、体温が上がります。するとスムーズに元気に活動できるのです。
朝ごはんを食べないと、体温はずっと低いまま。脳の温度も下がったままなので、午前中から眠くなったりあくびをしたり。

③脳にエネルギーを補給する


脳のエネルギー源は「ブドウ糖」という成分です。ブドウ糖は体の中に少ししか蓄えておけないのですが、夜寝ているときもエネルギーを使っているので、朝ごはんを食べないと午前中はブドウ糖が不足したままです。すると脳にエネルギーがまわらず、脳の栄養不足状態に。集中力や記憶力などが上手く働きません。これでは、午前中に、集中したり元気に運動したり遊んだり出来ません。

2010年3月11日 (木)

(136)脳と心と体の関係(7)

●◎● 第七章 ●◎●

【五感に受ける刺激が子供を育てる】

①刺激が脳を育てます

人間の脳の中にはニューロンと呼ばれる細胞組織が、通常一人の人間には150~200億個存在するといわれています。この細胞同士がつながって脳は機能します(このつながりをシナプスと呼びます)。

乳幼児期の脳は、五感から入ってくる刺激を受けて脳内の神経のつながり(シナプス)を作ります。このつながりは、昼間の明るさと夜の暗さの自然のリズムのように繰り返し与えられる「良い刺激」でどんどん育ちます。

②汗をかくこと、できていますか?


人は汗をかいて体温を調節します。汗を出す「汗腺(かんせん)」は3歳ごろまでの間に発達しますが、汗をかくことによって汗腺の量が決まります。体を使って遊んで汗をかく機会が少ないと、汗腺が発達しません。汗がかけないと体温調節が出来ず、自律神経の乱れなど体に不調をきたします。暑い、寒いも大切な刺激です。成長の機会をたっぷり与えましょう。

テレビの見すぎ、ゲームのやりすぎは危険です。

テレビやビデオ、DVD、ゲームを長時間続けることは、子供には視覚の刺激が強すぎたり、脳の土台の部分よりも先に高度な機能だけをフル稼働させたりと、悪影響があります。お子さんの一日の過ごし方はどうでしょう?

メディアに接している時間が過剰になっていないか、内容は適切かを見直してください。発達に必要な睡眠、食事、外遊びなどの活動をバランスよく与えていくよう気をつけましょう

2010年3月13日 (土)

フライパンで10分パスタ ~カルボナーラ?~

今回は、フライパンで10分パスタシリーズパスタの定番カルボナーラレシピです。でも、キャベツを使っちゃいます。

是非、頑張らずに調理して下さい。

レッツクッキン!クッキンタスティック!

 

材料

  • ニンニク みじん切り
  • キャベツ 適当な大きさにちぎる
  • ハム 2枚 短冊切り

調味料

  • 塩 小1/2
  • コショウ
  • 生卵
  • 生クリーム

調理法

  1. フライパンに油を引き、ニンニクが香るまで炒める(弱火30秒程度)
  2. ハムとキャベツを入れて入れ強火で炒める(1分程度)
  3. 水700ccを入れ、強火で沸騰させる。
  4. 沸騰したらパスタを投入 ※重要)初めだけパスタをくっつかない様に混ぜる                                                  ~この間に洗い物を済ませておく~
  5. 7分で茹でる。適宜、水(または湯)を加えながら様子を観る(強火のまま)
  6. 別のボウルに生卵と生クリームを混ぜ合わせておく。
  7. 茹で上がったパスタを6のボウルに入れ、よく絡ませる。
  8. 完成。皿に盛り付ける。(粉チーズをかけると、より美味しくなります。)

                               

                                   Img_0103 Img_0104 Img_0105 Img_0106 Img_0107 Img_0108 Img_0109 Img_0110 Img_0111 

2010年3月15日 (月)

(137)公園の想い出 ~全てはここから始まった~

ヨチヨチ歩きが出来るようになり、ファーストシューズを買った。そして全てはここから始まった。今、こうして、振り返ってみると、寝返りすら上手くできなかった頃が懐かしい。あともうちょっと!がんばれー!なんて日々もあった。そのこが今、1歳半、どこへだって歩いて行ける。疲れて転んでも、また立ち上がる。そんな、思い出を公園を通して振り返ってみたい。

Img_01132

初めの一歩は先ず、芝生の上から・・・。懐かしい。

おぼつかないだろうその足で、妻のところへつたい歩きも混ざった、一人歩き。

全ての始まりはここからだった・・・・・。

まだ、我々夫婦も新米中の新米。右も左もわからずにぶつかり合い、話し合い、少しずつ歩み寄っていった時期でもあった。

2010年3月16日 (火)

(137)公園での想い出 ~川原で歩く練習~

歩く練習、外になるべく出してあげたい。広い世界を見せてあげたい。そんな風に考えて、近くの川原の芝生にはよく通ったものだ・・・・・。

Aa129 Aa4748 Aa4804

川原に行く途中や川原から帰るときも、ベビーカーから降ろして、色々触らせたり、不思議と思う気持ちを大切にしたり、勿論、歩くことも一生懸命やった。

川原の芝生とはいえ、小さな子供にとっては十分凸凹で、躓いては転び、転んではまた起き上がり・・・・・毎日、毎日、繰り返し、繰り返し・・・・・。

徐々に走れるようにもなってきた。30分遊んでも未だ体力が有る位までに成長した。

我々夫婦は、育児方法の転換期・・・・・妻が家事をして、子守をして、疲れて・・・・・そんな姿を毎日見ていた私は、思い切って「みんなの力を借りよう!」と説得を繰り返す日々だった。

洗濯なんて、毎日やらなくていい、掃除だって毎日やらなくていい、風呂はオレが帰ってから洗う。そんなやり取りを繰り返し、やっと、ジジババ保育園(妻の実家)に息子を連れて行って、遊んでもらうという方向に向かっていった・・・。

2010年3月17日 (水)

(138)公園の想い出 ~初めての動物園~

息子は動物がとても好きだ。猫が居るからかもしれないが・・・テレビで動物の映像が流れると、「あっあっあ、あっあっあ」といって指を指していた。

そろそろ一人で歩けるようにもなったし、動物園でも連れて行こうか?

息子はこの日、動物をたーくさん、見た。何を感じたんだろう・・・?

きっと、初めて見る動物達ばかりで、刺激的な1日だったに違いない。

Img_0121 Img_0124  Img_0128 Img_0131 Img_0133 Img_0136 Img_0138

我々夫婦は、互いに激しかった流れがぶつかり合い、そして、混ざり合い、徐々に緩やかに流れる川のように・・・・・。子育てって難しいことを体感し、今度は躾の仕方に頭を悩ます日々が始まった。

2010年3月18日 (木)

(139)公園での想い出 ~少し遠くまで足を延ばそう~

秋の頃だったろうか・・・少し遠い公園まで足を伸ばして、車で行ってみた。

そこは、今までの近所の公園とは違い、川原とも違う、大きな施設の公園だ。

息子は自由に遊び、土を掘ったり、土をはじめて食べたのもココだったかな?

F1000004 F1000005 F1000006 F1000007 F1000013 F1000014 F1000015

我々夫婦にも、少しずつ余裕が出来てきた頃。「土を食べたって死にゃぁしないよ。」なんて会話もしたっけ・・・。

ある程度、自分の思う通りに色々な事をやらせてみようという考え方に変わった。

2010年3月19日 (金)

(140)公園での想い出 ~近所の公園巡り~

近所の公園。子供が出来てから、あっこんなとこにも有ったんだね、次はあっちの公園に行ってみよう・・・・・毎日同じ公園ではなく。近所のあちらこちらの公園を探索し始めたのはこの頃から。

F1000163 F1000164 F1000167 F1000172 F1000174 F1000175 F1000176 F1000179 F1000181 F1000182 F1000184

息子は、他の見知らぬお友達に出会ったら、どういう行動をするんだろう?我々の躾の確認も、同時に始まった・・・。

この公園には、以後、何度も足を運んでいる。

そして、2月の終わりごろの出来事だったろうか・・・・・砂場にどんぐりが落ちていた。私が見つけ、息子へ渡すと、大事そうに持っていたので、ポケットの中へ入れてあげた。

すると、それを見ていた、別の男の子(うちの子よりも年上の子)がどんぐりを探し始めた。

(どんぐりなんてもう見つからないよ。)

そう思って、私は息子のポケットからどんぐりを出し、「あのお兄ちゃんにどんぐり、どうぞしてきて」ってお願いしたら・・・・・息子はその子に「どうじょ」ってどんぐりをあげた。

感激の瞬間でした。

2010年3月20日 (土)

お手軽一品料理 ~パパでも作れるシリーズ~

現在、フライパン1つで10分パスタのシリーズを定期的に掲載しておりますが、他の料理も見たいとの声が御座いましたので、連載化(未定)で旦那様でも手軽に作れる、一品(逸品)料理をご紹介いたします。

今回は、蕪のステーキ(バター醤油ソース)です。

材料

  • 蕪 5mmスライス
  • 大根、若しくは蕪の葉 細かく刻んで下茹でしたもの

調味料

  • 醤油 大1~2(様子を見て調整)
  • バター 10g

調理法

  1. フライパンに油をひき、スライスした蕪を中弱火で5分ほど焼く。(蓋をする)
  2. 焦げ目がつき、中まで火が通ったのを確認。
  3. 裏返し2分ほど焼く。(両面焦げ目をつける)
  4. 焼きあがった蕪を取り出し、皿に盛り付け。
  5. 蕪を焼いたフライパンに弱火でバターを溶かし、蕪(大根)の葉を入れ、炒める。
  6. 蕪(大根)の葉が温まったら、醤油を入れる。(ソースの完成)
  7. 皿に盛り付けた蕪にソースをかける。

Img_0101  Img_0107 Img_0108_2 Img_0109_2 Img_0110

2010年3月22日 (月)

(141)公園での想い出 ~ママチャリでパパと二人~

モモの筋肉がはち切れるほどの登り坂を上って、ようやく辿り着いた公園。

さぁ、遊ぼうか!と思ったら、息子はスヤスヤ夢の中・・・。

でも折角来たから起そう!そして遊んだ公園。

Img_0101 Img_0102 Img_0109 Img_0110 Img_0112 Img_0113 Img_0122 Img_0129

パパは足がガクガク・・・息子は元気に遊んでいました。

もう、少し離れていても安心。いつも目が届く範囲にいて、パパは監視に徹しました(だって、足ガクガクなんだもん。体力不足、運動不足を感じました。)

2010年3月23日 (火)

(142)公園での想い出 ~箱根へ温泉旅行~

箱根の温泉まで折角来たのだから・・・そう、箱根彫刻の美術館に立ち寄りました。

(ゲイジュツって・・・?)←話せません。

Img_0202 Img_0206 Img_0228 Img_0229 Img_0231

未だ解らなくていいよ、だって、パパもママもわからないもん。

兎に角、楽しい1日でした。

2010年3月24日 (水)

(143)公園の想い出 ~近所の公園②~

今日はまた別の公園。

最近見つけたお気に入りの場所。

バスも通るし、水も流れてる。小山も有るし、トンネルもある。

バスが来るたびに指を指す息子。乗り物にも興味あるもんね。今度は、特急で遠くまで行ってみようね。

F10000011 F10000022 F10000033 F10000044 F10000055 F10000066 F10000077 F10000088 F10000099

もうすっかり、大きくなったね!1歳半だもんね。元気でなにより、元気が一番!

これからも色々な事に興味を持って、チャレンジしてみよう。応援してるよ。パパもママも。

2010年3月25日 (木)

(144)公園での想い出 ~初めての雪遊び~

家から一分程の公園。よく来ている場所。

でも今日はなんか違うでしょ?そう、雪って言うんだよ。雪見るの初めてだもんね。

冷たいでしょ?

Img_0106 Img_0107 Img_0108 Img_0109_2  Img_0115 Img_0119

足跡一杯つけたね。初めての長靴だったけど・・・大丈夫みたい。

この日の笑顔、ちゃんと写真に残ってるよ。もう少し大きくなったら、雪合戦でもしようか!

2010年3月26日 (金)

(145)公園での想い出 ~雛人形を見に~

ひな祭りが近いって。近くの民家園でお雛様が飾ってあるんだってさ。

じゃぁ、行ってみよう!

F10001 F10002 F10003

雛人形にはあまり興味を示さず・・・姪っ子2人も連れて、行ったのに、子供たちはあまり興味がないみたい。

それよりも!

息子の前に、鳩が集まってきて、息子大興奮!

あぶなーーーい、池に落ちるぞっーーーー!

捕まえるのに必死でした。息子は鳩を、私は鳩を追う息子を・・・。

動物本当に大好きなんだね。

(実はさぁ、パパ、水槽でお魚飼育したいんだけどさぁ、ママが良いって言ってくれないの。今度、ママに頼んでね。パパからのお願い。)

2010年3月27日 (土)

パパでも作れるシリーズ ~舞茸とねぎと卵の炒め物~

材料

  • 舞茸 手で細かくちぎる
  • 長ネギ 斜めに5mmスライス

調味料

  • 酒 大1
  • 醤油 小1/2
  • 塩 小1

調理法

  1. フライパンに油をひき、フライパンが熱くなったところで火を止める。
  2. 溶き卵を流し、余熱で程よく火を通す。(少し生気味でもよい)
  3. 卵を一度取り除く。
  4. フライパンに軽く油をひき(ひかなくてもよい)、舞茸と長ネギを炒める。
  5. 舞茸と長ネギに火が通ったら、調味料を入れる。
  6. 火を止めて、取り除いておいた卵をフライパンに戻し、軽くかき混ぜて完成。
  7. 皿に盛り付ける。

Img_0102 Img_0103 Img_0104 Img_0105 Img_0106 Img_0111

2010年3月29日 (月)

(146)公園での想い出 ~懐かしの川原へ~

息子が未だヨチヨチ歩きの頃、来た川原。

歩く練習。何度もしにきたっけ・・・ (o^-^o)

近所の公園も良いけど、やっぱり川原は広いし、川が流れていて、あの頃とはまた違った、格別な思いで息子の歩いていく姿を見ていた。

息子は随分と成長し、凸凹道でも、多少の坂道でも自分で行きたいところを見つけては、そちらの方へ歩き出す。

我々夫婦は後ろから見ていたり、駆けっこしたり、おたまじゃくしも見つけたね。未だ小さいおたまじゃくしを見て、キョトンとする息子 キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ。

おっきい石も拾ったよ。でも、元のところに戻そうね (*^ー゚)bグッジョブ!!

また水族館にでも行こうか。それとも動物園かな。

Img_0101 Img_0102 Img_0103 Img_0104 Img_0105 Img_0109 Img_0110 Img_0111

2010年3月30日 (火)

(147)なんでも興味津々 ~分解して構造を調べる~

おいおい、なんか凄い事やってるぞ~。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

息子は分解したり、構造を調べたりすることが好きみたい。今日は何を分解してるの?

ボールペンpencil

ぱっちん、ぱっちん、グルグル、がしゃがしゃ・・・

(ほっほう、ボールペンとはこういう構造なのか)←と思ってるか解りませんが・・・

Img_0101_3 Img_0102_3 Img_0103_3 Img_0104_3 Img_0105_3 Img_0106_2 Img_0107_2 

まぁとりあえず、元に戻って、紙に書ける様になったから、まいっか!!o(*^▽^*)o

この他にも、家で乗る木製の車のタイヤの部分を、一生懸命、鍵を使って分解しようとしたり、自転車の鍵を自分で開けたり閉めたりして、仕組みを調べたり・・・そういえば、この間家電製品の修理屋さんが来て、分解してるのずーっと、見てたっけ。

知りたがり。

いいことだよ。

2010年3月31日 (水)

(148)やっと日の目を見た! ~ベビービヨルンのバウンサー~

TVを見るようになった息子。

でも、近づきすぎる。目が悪くなっちゃうし、刺激が強すぎる。

なんとかして遠くで見てもらう方法ないかなぁ~ flair 試してみよう!

生まれてすぐに買ったバウンサー、当時は嫌がって、嫌がって仕方なしに仕舞っておいた。でも、今はもう違う。ご飯を食べるときは、自分で椅子に座る。

出してみた。

Img_01132

うおーーー喰いついた!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Img_01102 Img_01112

Img_01082

ボクのだから触らないで~smile お兄ちゃん猫ちゃんも寄せ付けない。今日からココに座ってTV見ようね。

(でも、番組のダンスのコーナーでは 立ち上がり家の中を駆け回るとさ)ι(´Д`υ)アセアセ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »