2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の4件の記事

2010年7月12日 (月)

(156)おもちゃの出しっぱなし解消法 ~小さいうちからコツコツと~

我が息子。もうすぐ2歳bleah

おもちゃ、全部自分で片付けます。

(ウソだろ?)

いいえ、ウソではありません。

実は、おもちゃで遊び始める前から、その仕組みは始まっていたのです。

お子様のおもちゃが出しっぱなしで、イライラしているアナタ!

おもちゃの片付け裏ワザをお教えいたします。

先ず、これはこのブログの過去の記事に記載しましたが、子供用品を全て一箇所に集めるという事が基本になります。そこに、子供のおもちゃ、本、ミニカー、ぬいぐるみ・・・など全て、仕分けして収納しておきます。

これは小さい頃から始めると効果絶大です。

何故ならば!息子は意識しないうちに、この物はここに置いてある物、ここに整理しておく物、並べておく物という意識が潜在的に植えつけられます。

そして、いざ、お片づけ開始!!

「おもちゃを片付けてっ!pout」→これは駄目な例です。

では、正解は・・・・・「おもちゃの片付け、手伝って!」

すると、途端に息子smileはおもちゃ(と私)のところに駆け寄り、パパのお手伝いをします。

そして、片づけが終わったら・・・・・「ありがとうheart04

必ずこの言葉を忘れずに。

これで、アナタも、ハッピーハッピー。

2010年7月14日 (水)

(157)イヤイヤ盛り解消法 ~真似っこ大好き~

もうすぐ2歳。半年前頃からだったろうか・・・イヤイヤ盛り、なんでも、イヤイヤcrying

自我の現れ、成長の証、第一次反抗期 などなど、色々と言われていますが。

ハッキリ言って、親は辛いですよね。モムーリ!o(゚Д゚)っ

うちの息子は「牛乳」に、こだわりが有りました。

飲み物はいつも「牛乳(ぎゅぅゅ~ぅ!)」「牛乳(ぎゅぅゅ~ぅ!)」と言って、麦茶を出すと「イヤ!pout」。

「牛乳(ぎゅぅゅ~ぅ!)ヽ( )`ε´( )ノ」

(は~ふぅ~っ ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…)

でも、なんとかしたい!そんなアナタにイヤイヤ盛り解消法をお教えいたします。

イヤイヤ盛りと言うことは・・・実は裏を返すと、成長期、言葉も徐々に覚え始め、単語の数も増え、1語→2語、行動も今までとは異なってきます。

さぁて、今回の「牛乳(ぎゅぅゅ~ぅ!)」撃退法ですが、我が家houseではこれで解消しつつあります。

先ず、子供には飲ませない飲み物(例えばコーラなど)を買って、親が飲みます。子供にはそれを飲んでいる姿を少しだけ見せますが、基本はこっそり飲む様に(子供の興味の対象にするのです。)

そして、コーラが飲み終わったら、そのペットボトルを良く洗い、『水』を入れます。そして、パパだけがこの水を飲んでいる姿を見せます。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

もうお解かりになりましたね。

そうです!真似っこ作戦です。「牛乳(ぎゅぅゅ~ぅ!)」と言った時に、この『水』の入ったペットボトルを見せると、息子の目は輝きlovely、『水』をゴクゴク飲みます。

そして、牛乳にばかり偏らず、お茶や、水などを上手に飲ませることが出来ます。

しか~し!2~3日すると、コップに水を残していましたが、取りあえず、「牛乳(ぎゅぅゅ~ぅ!)」へのこだわりは解決ということで・・・ (A;´・ω・)アセアセ

手を変え品を変え・・・イヤイヤ盛りを楽しく乗り越えましょう!

2010年7月16日 (金)

(158)イヤイヤ盛り パート2 ~お風呂~

夏場(梅雨?)sunrainで暑い(ムシムシ?)からなのか・・・・・・・息子はある日(いつだったろう?)を境に、お風呂に入ることを嫌がる様になりました。

初めは、パパと入るのがイヤ!ママなら(しぶしぶ)OK。

ところが!もうママも、パパもイヤ!( ゚皿゚)キーッ!!

息子の脳の中 『お風呂→イヤ』

さて、今回も真似っこ作戦開始。

先ずは通常通り、一緒に入るように誘う→イヤイヤイヤ~cryingcryingcrying

そこで、パパが独りでお風呂に入る、身体と頭と洗ってお風呂から出てきます。

「あぁ~気持ちよかった。さぁ~綺麗になったから、ねよぉ~っと」 ( ̄ー+ ̄)

すると、あら不思議。

息子は自ら「お風呂に入る」と言い出した。そこで、間髪入れずに、再びパパがタオルのまま息子をお風呂へ誘導・・・身体、頭、顔・・・歌を歌いながら・・・教えながら・・・楽しくお風呂spaに入ることが出来ます。

はい。ハッピーハッピー。

2010年7月19日 (月)

(159)第一次反抗期は成長の証 ~振り返り~

息子のイヤイヤが始まったときに、正直、親としてどう振舞うべきか?自問自答し、悶々と数週間が過ぎた。

その間には、こちらもイライラしたし、さじを投げようともした、怒って言い聞かせようともした・・・でも、その全てが有って、冷静に考えてみると、

正に【学び】の過程なのだと気付かされた。

学ぶとは、まねぶ。つまり、真似る事から始める事だ。

今、彼は学びの一歩を踏み出した。しかし、真似で終わってはいけない。学びとは、真似から始まり、そこにオリジナリティを加え、新たな価値を見出す事。

これからも、学ぶ姿を見守って行きたい。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »