2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« (185)海賊戦隊ゴーカイジャー ~第三弾 素顔の戦士に会える~ | トップページ | (187)クリスマスプレゼント »

2011年12月17日 (土)

(186)海賊戦隊ゴーカイジャー ~Gロッソへ再び~

シアターGロッソでのゴーカイジャーショーを見に行くのは今回で二度目。
前回は息子も私も生まれてはじめての経験で、とても貴重な経験が出来た。

当日、前回の失敗を踏まえ、開場の前には列に並ばない作戦をとった。
私たち親子はホールの入場口のすぐそばに陣取り、開場のときを待った。

その時、

「またせたな!」

「派手にいくぜ!」

というレッドの声とともに扉が開き、レッドが登場。
私は手にしたビデオカメラの画面から目を離さず、レッドの撮影に成功。
レッドが登場した後にお客さんが殺到し、あっという間に黒山の人だかり。

よしよし、そろそろいいだろう・・・

私はレッドの姿を十分にカメラに録画し、黒山の人だかりを尻目に
意気揚々と入場者の列に並んだ。

列も前に進み、漸く息子の番。私は息子の手を離し背中をポンポンとたたいて
息子に先に進むように合図。私はその場に留まる様にして
息子とレッドの入場際の握手を撮影。

「とまらないで、すすんでくださーい」

す、すみません・・・と思いつつ、あわてて前に進む。

*********

ショーは前回の通常公演に比べ短く、やや物足りない感じのまま
あっという間に終わってしまった。

ショーの終わりには素顔の戦士たち5人が一言ずつ挨拶。
素顔の戦士たちはその役柄とは少し違った本当の姿を見せてくれた。
コメントからの想像に過ぎないが、
レッドよりはブルーの方がしっかりしていた。
ピンクよりはイエローの方が丁寧なイメージだった。

*********

ショーを見てから約1ヶ月後のこと・・・。
ある日の夜、寝る前に息子が薄暗いベットの上で
ひとりニヤニヤしながら楽しそうに何か思いにふけっている。
暫く様子を見ていたが、なにやら楽しい事を思い出して
眠れない様子。
息子にはよくある事なのでそっとしておいてあげた。

次の朝、息子に尋ねてみた。
「昨日の夜、楽しくて眠れなかったの?」
すると息子は
「うん」といってまたニコニコする。

「何が楽しかったの?」と聞いてみると
「パパとGロッソに行って、ゴーカイジャーのショーを見たの」
「楽しかった」

私は思わず涙が出るほどうれしかった。
楽しい思い出にパパが出てくるなんて、本当に幸せ者だと思った。

「じゃぁ、また行こうね」
と言って朝の食事を続けた。

次のショーの予約をしなければ・・・まだ座席は空いてるかな・・・

« (185)海賊戦隊ゴーカイジャー ~第三弾 素顔の戦士に会える~ | トップページ | (187)クリスマスプレゼント »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546439/53473810

この記事へのトラックバック一覧です: (186)海賊戦隊ゴーカイジャー ~Gロッソへ再び~:

« (185)海賊戦隊ゴーカイジャー ~第三弾 素顔の戦士に会える~ | トップページ | (187)クリスマスプレゼント »